« 独り言集’11 2月 | トップページ | なんか貼りたくなったので…(お笑い編)2 »

最強リリーフトリオ JFK

阪神で活躍したジェフ・ウィリアムス投手が引退することになりました。

 ウィリアムスは2003年に阪神に入団

当初は中継ぎとして獲得したのですが、ストッパーとして起用されます。
力強いストレート切れ味鋭いスライダーで大活躍してくれました。
特に左バッターにとっては、 スライダーが背中からストライクゾーンに入ってくる 感じだったそうです。

中でも印象深いのは日本シリーズで、ダイエー(当時)の4番・松中を三振に切ったところです
松中がスライダーに対して完全に腰が引けた状態で空振りする姿は見ていて痛快でした。

 また敵としてその恐ろしさを実感したのは2004年のシドニー五輪です。

準決勝の日本VSオーストラリア戦―。金メダルを目指す長嶋JAPANに立ちはだかったのは、オーストラリア代表のウィリアムスでした…。
日本代表は最後まで打ち崩せず、準決勝で敗れ去ってしまいました…。

 岡田監督時代は何と言っても、”史上最強リリーフトリオ JFK”です。

ウィリアムス・藤川・久保田の3人で7・8・9回を担当。
「阪神との試合は6回までで終わった」― とまで言われました。

ウィリアムスは主に8回を担当抜群の安定感でした

 しかし、2009年。左ひじのケガを理由に阪神を退団。球団としても苦渋の決断だったと思いますが、本人はもう一度阪神に復帰することを目指してリハビリに励んでいました。そんな中、ケガの再発―引退を決意しました。

 今でも左の中継ぎの好投手を ”ウィリアムスみたいな…” とか ”ジェフ・クラスの…” というふうに例えられることがあります。ファンとしても嬉しい限りです。

今後の進路はまだ決まってはいないみたいですが、第2の人生も野球に関係することでしょうかね?(*^_^*)
その前に、個人的には阪神で引退試合をしてほしいですね。チームの功労者の一人なので。m(__)m

今までありがとうございました。
長い間、本当にお疲れ様でした。m(__)m

|

« 独り言集’11 2月 | トップページ | なんか貼りたくなったので…(お笑い編)2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/38874349

この記事へのトラックバック一覧です: 最強リリーフトリオ JFK:

« 独り言集’11 2月 | トップページ | なんか貼りたくなったので…(お笑い編)2 »