« 独り言集’10 10月 | トップページ | 安全と安心を保証します。 »

ありがとう、闘将―

”闘将”星野仙一らしい会見でした―

 星野監督が阪神の監督に就任した、2002年。

「このチームには、鉄拳制裁も辞さない熱い人間が必要」という野村監督の推薦もあり、要請を受けて悩んだ末に決断。

「苦しんでいるチームが助けを求めている。それに応えるのが男です。」

と会見で話していたのを今でも覚えています。

成績こそ4位でしたが、選手やファンは確かな手応えを覚えました

 そして、迎えた2003年。

チームの柱となりえる選手として金本選手を必死に口説き落とし投手陣の番長と成り得る伊良部投手も獲得
大幅な”血の入れ替え”の末、生まれ変わったチームは快進撃。
18年ぶりのリーグ優勝を果たしました!!

ダイエー(現・ソフトバンク)の故・根本監督は 「私はチームの基を作る監督。それを優勝に導くのは次の監督の仕事です。」 と語ったことがありました。
その次の監督に就任した王監督が苦しみながらもチームを黄金期に導いたことは知ってのとおりです。

確かに阪神の元を作ってくれたのは、”名将”野村監督です。
しかし、そのチームを優勝に導いてくれたのは星野監督でした。
(Jリーグで言えば、浦和レッズを立て直したオフト監督と黄金時代を迎えたブッフバルト監督かな?(^^ゞ)

 体調不良を理由にこの年で監督を辞任。

しかし、SDとなった後も阪神タイガースの為に尽力してくれました。

 大きな出来事としては、村上ファンドによる阪神電鉄買収騒動の際がありました。

ファンもどうするのかと考えていたところ、「私は反対です。」星野監督が意思表明してからは同じ方向に向いていけたと思います。

”愛するチームを救ってくれた恩人””突然やってきた金持ち”
どっちにつくかは明白でしたね。

 また、熱い心と共に繊細な心遣いも持った人間です。

今季も矢野捕手が移籍も考えていたところ星野監督の説得で残留してくれました
矢野選手のベンチでの真面目な姿は若手の手本となり、チームを一つにしてくれました。

選手だけではありません。
誕生日を迎えた選手の奥さんや、定年退職する球場職員の方花束を贈ったという話は有名です。

 そんな阪神タイガースを長年支えてくれた星野監督、正直なところ、阪神を退団されたのは残念ですが、星野仙一は永遠の野球人です。
いつまでもここにいるわけにはいけませんね

まだ正式な話はないので言えませんが、きっとどこかの球団の監督になられることでしょう。

いつかきっと日本シリーズの大舞台で戦いましょう!!

星野監督、長い間本当にありがとうございました。

愛する阪神タイガースを立て直してくれたあなたのことは絶対忘れません!!

|

« 独り言集’10 10月 | トップページ | 安全と安心を保証します。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/37321498

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、闘将―:

« 独り言集’10 10月 | トップページ | 安全と安心を保証します。 »