« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

ハンカチ世代、いざ参る!!

遅くなりましたが、ドラフトの話でもひとつ。

今年の大学・社会人の中心は、4年前の甲子園を湧かせた、斉藤佑樹をはじめとする、いわゆる”ハンカチ世代”。現在でもプロ野球の世界では楽天のマー君広島のマエケンといった面々が盛り上げています。
しかし、彼らは更に4年間、アマチュアで活躍し、即戦力として期待のかかる選手達に成長しました。否が応にも注目が集まる中、注目の1位指名…

最も指名を集めた、早大の大石西武、そして、斉藤日本ハムが交渉権獲得!!

 共にパ・リーグに進むことになった2人。きっと将来のパ・リーグを背負って立つ存在になることでしょう。

特に、斉藤投手は、是非、楽天-日本ハム戦での投げ合いが見たいですね。(^^ゞ

 ちなみに自分としては、広島の1位指名福井投手に注目しています。

済美高校時代センバツ初出場初優勝。そして、夏も史上初の春夏連続初出場初優勝まで後一歩と迫った決勝での駒大苫小牧戦歴史に残る大激戦の末に敗れたものの、その力は本物です。ちなみに岡山県の出身です( 西粟倉村 )。(^^ゞ

カープは自前の選手を育てるのが上手いチームです。主力として活躍してくれる期待がもてます。

あと、ソフトバンクが東商の星野投手を指名。将来が楽しみな投手です。(^^ゞ

 我らが阪神は1位に榎田投手を指名
社会人でも有数の左腕投手なので、是非とも活躍してほしいものですね。

正直、一二三を指名できるとは思わなかった…(^^ゞ
今年後半の秋山投手のような活躍を―というのは一番の願いですが、しっかり力をつけて一軍に来れるようにしてほしいです。
秋山がいなかったら、もっと早く終わってたな…

4年間のアマ野球を経たハンカチ世代の第二陣―
満を持して、いざプロの世界へ参る!!\(^o^)/

数年後は誰世代になってるんだろうか?(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか貼りたくなったので…17

久しぶりの ”ハリ・タカ” シリーズ―

まさかまさかの第17弾☆(^^ゞ

音楽と共に雑談を少々ラジオのDJ気分で書いてます。(^^)

今回の曲は…175R『夕焼けファルセット』

このシリーズには珍しい感じの曲を選びました。まあ、活動休止の前にね。

というのも…

実は…

今回の更新をもって、当ブログは…

5周年を目前にして…

とうとう…

とうとう…

450回目の更新となりました☆ヽ(^o^)丿

最近、こういうパターン多いな(^^ゞ

 これを記念して、少しここで過去の節目の更新を振り返ってみましょう☆

50回:3月24日 ~第3章~ 卒業式か~。時代を感じます(笑)
この頃は記念企画じゃなかったんだね。(^^ゞ

100回:Tail Of The Wind この100回記念は覚えてるな~。(^^)

150回:健康診断 覚えてなかった…(笑)。しょうもな…(いい意味でね。(^^))

200回:M-1 2007 これも恒例企画になったな~。そろそろ飽きてきた?(笑)

250回:なんか貼りたくなったので…3 既にハリ・タカが記念企画だった時が!!

300回:風のしっぽアワード’08 これもこの時から年末の恒例企画になったな~

350回:ゲゲゲの故郷 ”2010年のブームを予言していた”といっても過言ではな…ごめんなさい(笑)m(__)m
ドラマの影響でこの夏は人が多かったみたいですね。(^^ゞ

400回:魂のフルスイング …ノーコメントで(笑)m(__)m

これからもよろしくお願いします。m(__)m

 さて、最近色々ありまして、ちょっと考えることがあったのですが、
まあ、今のままの自分でいいのかな~なんて思ってます。
このままじゃいけないような気がして、もう一つ上のレベルにいかないといけないようなね。

まあ、変えるべきところは変えて、そのままにしておきたいところはそのままキープしていこうかな~なんて思ってます。(^^ゞ

どんな未来が待ってるのやら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場の全隊員に告ぐ

映画『THE LAST MESSAGE 海猿』見てきました☆(公式サイトはコチラ

ストーリーを…

 日韓共同で開発し、実に1500億円もの予算がつぎ込まれた国家規模の重要プロジェクトである、天然ガスプラント施設”レガリア”―
そのレガリアに船が衝突。更に大型台風の直撃も間近に迫っていた…

仙崎( 伊藤英明 )はバディの吉岡( 佐藤隆太 )とレガリア設計主任桜木( 加藤雅也 )と共にレガリアの内部に潜入。しかし、突然の爆発により、仙崎は桜木や医師西沢( 吹石一恵 )、作業員木嶋( 浜田岳 )、そして、新人潜水士服部( 三浦翔平 )らと共にレガリア内部に閉じ込められてしまいます。

救助隊が近づけない中、”国の最重要施設”『レガリア』内で彼らを襲う数々の事故、そして、火の手は巨大ガスタンクまで迫っていき…

果たして仙崎は愛する妻・環菜( 加藤あい )と息子・大洋のもとへ戻ることができるのでしょうか―?

といった感じです。

 海猿シリーズは今回で完結編。これまでずっと見てきました。

これまでは静かな立ち上がりだったのですが、今回は最初から本題に入って行きました。ただ、こういう始まりも好きです☆(^^ゞ

 自分にとっては初めて3Dで見たのですが、遊園地とかで見たことがあった為か(USJのターミネーターとか、ディズニーのミクロキッズとか…)特に違和感なく見れました。
でも、こういうのが増えていくと映画の幅もどんどん広がっていくんでしょうね。(^^ゞ

 3Dを使った災害シーンに注目がいきがちかと思いますが、やっぱり、こういう仲間を思う、熱い男達の話もよかったです。

個人的に下川さんがかっこよかった。(^^ゞ

完結編の名に恥じない内容だったと思います。面白かったです☆

興味のある方は是非どうぞ☆\(^o^)/

あと、エンドロールもチームワークの良さが感じられてよかったな(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全と安心を保証します。

映画『ナイト&デイ』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

妹の結婚祝いを準備する為にボストンを訪れていたジューン( キャメロン・ディアス )。その帰りの空港で彼女は謎の男・ロイ( トム・クルーズ )とぶつかったり、待合で隣りになるなど何かと関わり、遂には飛行機の席も隣りに…
ロイを少しづつ意識するようになるジューン
しかし、彼女がトイレに入った瞬間、ロイは隠れていた敵に襲い掛かられ、激しい格闘に―
トイレから戻ってきたジューン、しかし、そこにはもう機長がおらず…事態を把握できないまま、飛行機はロイにより不時着
薬を飲まされたジューンはそのまま眠りにつくことに…

目が覚めるとそこはジューンの自宅。
突然彼女の元に訪れたCIAの捜査官「ロイは裏切り者のスパイなんだ」―

再び出会った2人。そこから始まる逃亡劇―

果たしてロイの正体とは?そして、この逃亡の結末や如何に?―

といった感じでしょうか?

 今まで見てきたアクション映画とは少し変わった感じの映画でした。
”アクションラブコメ”という感じかな?(^^ゞ

トム・クルーズも同じスパイ役といっても『ミッション・インポッシブル』とは違った演技で、こちらも良かったと思います。

キャメロン・ディアスの役もかわいかったです。(^^)
成長していく姿もよかった。

けど、もう少し深いところに入ってもよかったかな~とも感じました。

 とは言っても、十分楽しめると思うので、興味のある方は是非どうぞ☆\(^o^)/

先行上映のあった10/6(トムの日)…あっ!妹の誕生日だ!(^^ゞ
すいません。オチが見当たらなかった。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう、闘将―

”闘将”星野仙一らしい会見でした―

 星野監督が阪神の監督に就任した、2002年。

「このチームには、鉄拳制裁も辞さない熱い人間が必要」という野村監督の推薦もあり、要請を受けて悩んだ末に決断。

「苦しんでいるチームが助けを求めている。それに応えるのが男です。」

と会見で話していたのを今でも覚えています。

成績こそ4位でしたが、選手やファンは確かな手応えを覚えました

 そして、迎えた2003年。

チームの柱となりえる選手として金本選手を必死に口説き落とし投手陣の番長と成り得る伊良部投手も獲得
大幅な”血の入れ替え”の末、生まれ変わったチームは快進撃。
18年ぶりのリーグ優勝を果たしました!!

ダイエー(現・ソフトバンク)の故・根本監督は 「私はチームの基を作る監督。それを優勝に導くのは次の監督の仕事です。」 と語ったことがありました。
その次の監督に就任した王監督が苦しみながらもチームを黄金期に導いたことは知ってのとおりです。

確かに阪神の元を作ってくれたのは、”名将”野村監督です。
しかし、そのチームを優勝に導いてくれたのは星野監督でした。
(Jリーグで言えば、浦和レッズを立て直したオフト監督と黄金時代を迎えたブッフバルト監督かな?(^^ゞ)

 体調不良を理由にこの年で監督を辞任。

しかし、SDとなった後も阪神タイガースの為に尽力してくれました。

 大きな出来事としては、村上ファンドによる阪神電鉄買収騒動の際がありました。

ファンもどうするのかと考えていたところ、「私は反対です。」星野監督が意思表明してからは同じ方向に向いていけたと思います。

”愛するチームを救ってくれた恩人””突然やってきた金持ち”
どっちにつくかは明白でしたね。

 また、熱い心と共に繊細な心遣いも持った人間です。

今季も矢野捕手が移籍も考えていたところ星野監督の説得で残留してくれました
矢野選手のベンチでの真面目な姿は若手の手本となり、チームを一つにしてくれました。

選手だけではありません。
誕生日を迎えた選手の奥さんや、定年退職する球場職員の方花束を贈ったという話は有名です。

 そんな阪神タイガースを長年支えてくれた星野監督、正直なところ、阪神を退団されたのは残念ですが、星野仙一は永遠の野球人です。
いつまでもここにいるわけにはいけませんね

まだ正式な話はないので言えませんが、きっとどこかの球団の監督になられることでしょう。

いつかきっと日本シリーズの大舞台で戦いましょう!!

星野監督、長い間本当にありがとうございました。

愛する阪神タイガースを立て直してくれたあなたのことは絶対忘れません!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り言集’10 10月

やべっ、今月ももう半分くらい過ぎてた…(^^ゞ

まあ、ぼちぼち行きましょうか?!(^v^)

(10/7)

○大沢親分のご冥福を心よりお祈りいたします。

○すっきり決めんかい!!

ここ一番の試合をものにできなかったのが、今年の敗因でしょうね。
まあ、Dはだいぶ前に全試合を終えているので、今年は十分に可能性はあると思いますがね。(^^ゞ

(10/8)

ヤクルト~~~~~!!!!

棚ボタですが、甲子園でできるのは大きいです。!(^^)!

○ザックJAPAN、アルゼンチンに歴史的大勝利☆

すごい!!でも、これいおごることなく2012年に備えていただきたいですね。(^^ゞ

○楽天、星野監督か?!

ブラウン監督を契約期間を残して…というのはどうかと思いますが、もしなるのなら、パ・リーグをかき回してほしいですね。

ただ、これまでの歴代監督の交代理由はしっくりしないな…野村監督で2位になったんだから、”野村イズム”の後継者を監督にするならな~

(10/10)

○横田プロの優勝、感動しました。

選手会長としてプレー以外のことにも気を配り、大変な時期もあったかと思います。
本当におめでとうございます☆

○今日って体育の日だったんだよね?!

このハッピーマンデイにした理由はちょっとね…

(10/11)

○久しぶりにゆっくりできる日だった…(^^ゞ

(10/12)

○ここまで、家のパソコンは妹が仕事で使ってるので、自分の持って帰っていた仕事用のパソコンで書きました。

案外かけるものなんだね。(^^ゞ

(10/17)

○”ここ一番”の試合を取れなかった。それが今年の敗因です。

○冷静に書いたので、次は熱く…

世の中、金かーーーー?!!!!

日本シリーズはパ・リーグを応援します!!

(10/20)

○リンク元ランキング4位に仲里依紗さんのブログが―

初登場か?ヤンメガの足立花以来、この人の演技力を高く評価しています。
どんな女優さんになるのか楽しみです☆(^_^)/~

(10/31)

○リンク元ランキング2位に秦みずほさんのブログが―

あと、7位ではあるんですが、松坂桃李さんのブログも―

あとは銀だけか…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花言葉は”返礼”

新垣ゆ…ゴホッ、映画『ハナミズキ』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

幼い頃に父を亡くし、母と2人で北海道に暮らす高校生平沢紗枝( 新垣結衣 )。
家の庭には、父が幼い頃の娘へ送ったメッセージの込められた『ハナミズキ』の木が今日も彼女達を見守ります
海外で働くことを夢見ながら大学受験に臨む紗枝は、ひょんなことから漁師である父の手伝いをしながら別の高校に通う木内康平( 生田斗真 )と出会い、恋に落ちます

一度は志望大学への進学を諦めかけながらも、お互いに励ましあい、紗枝は志望校へ合格。紗枝は東京で、康平は北海道で漁師の仕事をしながら遠距離恋愛を続けますが2人は徐々にすれ違っていき―
紗枝の前には同じ夢を抱く先輩北見( 向井理 )が現れ…

北海道、東京から、NY、カナダ…10年の歳月をかけた2人の思いの結末は―?

といった感じでしょうか?(^^ゞ

 モチーフになっているのは、もちろん、一青窈さんの名曲『ハナミズキ』です。
”9.11”を元に作られたこの曲が、その思いを込められた恋愛映画になりました。

これまであまり新垣さんの大人の役ってなかったように思うのですが、新境地に挑んでいました。
きっとこれから年齢と共に、こういう役も似合っていくんだろうな~というのを演技から感じました。

 10年の歳月を感じさせられるような、懐かしい映像も織り交ぜつつ、若者達の成長が描かれた映画でよかったです☆

ただ、もう少しよきところでも…というのもちょっと思いました。(^^ゞ

 興味のある方は是非どうぞ☆

向井さん見ると、どうしても水木先生と呼んでしまう…(^^ゞ
また『ハナミズキ』聞きたくなった…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »