« 夢の中へ | トップページ | 敵か?味方か? »

猛虎の要

矢野選手、長い間本当にお疲れ様でした。

 1990年に中日に入団した矢野選手、1998年に関川や久慈とのトレードで阪神に入団します。

翌99年からは野村監督の下、阪神の正捕手として活躍。

ただ、野村監督は相変わらずの辛口評価で、
新庄がメジャーに移籍した際に受けたインタビューで「残ったレギュラーは矢野ぐらいですか?」と質問を受けた際には、
「キャッチャーがいいチームっていうのは、そこそこ勝てるんです。でも、阪神はそんなに勝ってない。だから、新庄が抜けた今、矢野も含めてレギュラーはいません。」と答えられたのを覚えています。

でも、野村監督の下で学んだ3年間で確実に捕手として成長したと思います。

 2002年からは星野監督

2002年のシーズンはケガで欠場することが多く、チームも4位。矢野の存在の大きさを改めて実感しました。

そして迎えた2003年―

日本ハムからトレードで移籍した野口との併用もあり、大活躍。18年ぶりのリーグ制覇の立役者にもなりました。

 2004年からの岡田監督は、全幅の信頼を寄せられ、最強リリーフトリオ”JFK”などの強力投手陣を支え、2005年のリーグ制覇など、常勝軍団となった阪神を支えました。

本人の直訴で応援歌を作ったのもこの頃だったかな?(^^ゞ

 しかし、近年はケガの影響から思ったようなプレーができず、狩野ら若手の台頭、城島の加入などで出場機会も減少―。引退を決断しました。

 矢野捕手のリードを聞かれた際に、

「サインは出すけど、どんどん首を振ってくれ自分の気持ちが1番乗ったボールを投げてほしい。

と答えられたのを今でも覚えています。投手の投げたい、気持ちのこもった球を使って、上手くリードを組み立てる。それが今までの阪神を支えてくれました。

 また、その人間性も素晴らしく、
出番の減少した今年、控えに回りながらも腐ることなく準備を怠らないそういう姿勢がベンチにいる選手の手本となり、今年の快進撃を影で支えてくれました。

今年、城島を獲得した際にファンの間では賛否両論だったのですが、矢野捕手の存在がその一因だったと思います。

また、今季は一度キャッチャーとして守っていたのですが、その時にファンからの大声援を受けました

確かに生え抜きの選手ではありませんが、誰よりもファンから愛される、そんな名選手でした。

そんなスター選手の花道、きっちりと飾りたいですね。

 矢野選手、長い間本当にありがとうございました。
今度は是非、指導者として戻ってきてください!!

|

« 夢の中へ | トップページ | 敵か?味方か? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/36530236

この記事へのトラックバック一覧です: 猛虎の要:

« 夢の中へ | トップページ | 敵か?味方か? »