« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

ミスター借り物競走2 ~伝説よ再び~

今年も体育大会がありました。

自分と体育大会といえば、やっぱり借り物競走…(詳しくはコチラ

 体育大会前から自分はいじられ 期待の声を聞きました。

「今年は何週するの(笑)?」「去年の救護室利用の記録は残ってますよ(笑)。」coldsweats01

 そして迎えた当日―

とりあえずスタート地点付近にいて、念のためストレッチはしておいて…(^^ゞ

ヨーイ…ドン!!impact

ドドドドドドドドドド……

ヒョイ(借りるものを確認)

……ドドドドドドドドドド

「先生~~~!!!!!」(* ̄0 ̄)ノ

借りてくるものイケメン 20代教師

よっしゃーーーーーー!!!

runrunrunrunrun

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

3位でフィニッシュしました☆\(^o^)/

去年のリベンジはできたかな?(^^ゞ

 ゴール後、まだ走っていた別の選手が

「先生!!」

!(・oノ)ノまさか…

借りてくるもの30代教師

違うわい!!!coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡のバンド

映画『BECK』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

ヤンキー軍団にパシリとして扱われ、平凡な冴えない毎日を送る高校生コユキ( 佐藤健 )。
ある時、ひょんなことから天才ギタリスト竜介( 水嶋ヒロ )と出会い、音楽の世界にのめり込んでいきます。

しかし、その大切なギターをヤンキー達に壊されてしまい、誤解した竜介が激怒
だが、竜介のバイト先の常連斉藤( カンニング竹山 )の協力もあり、ギターも修理し、練習も再開。誤解の解けた竜介との関係も修復し、親友であるドラマーサク( 中村蒼 )と共に、竜介、千葉( 桐谷健太 )、( 向井理 )のバンド”BECK”の一員となります。

時には衝突しながらも成長していくバンド”BECK”―
陰ながら応援する竜介の妹真帆( 忽那汐里 )に淡い恋心を抱きながら周りに認められ、成長していくコユキ―

しかし、大物プロデューサー( 中村獅童 )らの悪質な罠により、バンドの崩壊の危機が迫り
果たして彼らの運命や如何に―

といった感じでしょうか?(^^ゞ

 面白かった~ヽ(^o^)丿

お気づきの方もおられるかもしれませんがもちろん原作は読んでおりません☆(^^ゞ
だから、原作に思い入れのある方はどう思われるかもしれませんが、自分の個人的な感想としては面白かったです。

特に最後のライブシーンは本当にライブを見ているように熱くなりました!

冴えない主人公が成長していく姿―やっぱりこういう映画はスカッとして好きですね。
佐藤健の気弱な役も久しぶりに見ましたが良かったです。(^^ゞ

桐谷健太さんや向井理さんら、豪華な共演陣も見事でした。
桐谷さんは少し前に見た「ソラニン」、向井さんは「ゲゲゲの―」とはちょっと違った印象がありました。ヽ(^o^)丿

久しぶりに見たスカッとする映画です。
興味のある方は是非どうぞ☆\(^o^)/

水嶋ヒロさんが事務所を退社。彼の演技が見れなくなるかもと思うと少し残念です。
「おばあちゃんが―」 から知っているので(分かる方のみで結構です。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このインチキ教師!!

始まる時にも書いたので、ドラマ『ハンマーセッション』の感想でも。

 率直に言うと、原作ファンの自分でも十分楽しめて面白かったです☆

 原作以上に生徒たちの成長が描かれていたのが印象です。
例えば、モンスターペアレントの回だと、原作では母親の反省を見て悟郎が息子を返して終わったのですが、ドラマでは黒澤自身が選んで戻り、彼女との関係も修復していました。
こういったところも深く描いてたな~というのが印象的でした。

 また、原作と違った設定やキャラクターも良かったと思います。
ドラマの世界を充実させていました。(^^ゞ

 結構原作に近づけていたんですが、最終回はオリジナルでした。

原作では警察に身元が知られて突入されそうになったところで悟郎が生徒に問います。
『俺はこれからどうすればいい?』と―
そして、最後は悪さを繰り返す生徒の前で自らが捕まり、犯罪者の行く末を見せる―という内容でした。

ただドラマの方の最終回も好きでした。(^^ゞ
悟郎の所在を娘のメールから知り、駆けつけた立花刑事(久しぶりに堀部さん見たな(^^ゞ)が止める生徒に一言
「俺が追っているのは”第1級詐欺師”乙羽4号であって、お前達の担任の蜂須賀悟郎を逮捕する理由は見つからない。」―
好きでしたね。(^^ゞかっこよかった。(^^)

 今回の終わり方だと、続編を作れそうな展開です。
ヤンメガ同様、こちらも作ってほしいです\(^o^)/

2季連続で続いた自分の先物買い(原作集めてたドラマ)。果たして次はいつ?(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強のカンフー教室

映画『ベストキッド』見てきました☆(公式サイトはコチラ

ストーリーを…

 新しい生活を求めて母と共に北京に引越してきた少年ドレ( ジェイデン・スミス )。
しかし、言葉も文化も違う環境になじめず、地元のカンフー少年を中心とした子どもたちにいじめられる毎日
そんな日常に我慢しきれなくなり、反撃にでてしまったドレ…捕まったところを助けたのは、マンションの管理人であるハン( ジャッキー・チェン )。

”自分を守るために使う”ことを条件にハンからカンフーを習うドレ
しかし、その特訓は、ジャケットを着て脱ぐことの繰り返し…

特訓を重ねることで人間としても成長していくドレ
そして迎えた地元のカンフー少年たちとの勝負―
卑怯な手をも使う彼らとの決戦、
果たしてドレはこの戦いを制することができるのでしょうか―?

といった感じです。(^^ゞ

 自分はジャッキーチェンが昔から好きです。初めて見た外国映画『酔拳2』です。(^^))
今回は初めての師匠役だったのですが、アクションシーンも見れて良かったです☆
ジェイデン・スミスとの師弟関係も良かったと思います。(^^ゞ

 オリジナル(「ワックスを塗る」の方)をちゃんと見たことはないのですがそれでも十分楽しめました!\(^o^)/

ただエンディングのNGがなかったのはちょっと残念かな?(^^ゞ

興味のある方は是非どうぞ☆ヽ(^o^)丿

 吹替え版しかなかったんだけど、吹替えのジャッキーの声は石丸さんっていうイメージができてるから、違和感なかった(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り言集’10 9月

さて今月も…

更新は順調に遅れております。m(__)m

学園祭シーズンって忙しいんだよね…(^^ゞ

(9/4)

○新生サッカー日本代表、パラグアイにリベンジ☆

ただ、ザック新監督の采配もないので、まだこれからでしょうね。(^^)

(9/5)

○ツ○ヤの旧作80円レンタルのラストに借りたDVDをまとめて鑑賞。

・「ワンピース劇場版 エピソード オブ チョッパー」

 久しぶりにワンピースを見たけど、絵が変わった?
 原作ではこの頃いなかったフランキーやニコ・ロビンもいい具合にはまってたかな?!(^^ゞ

・「鴨川ホルモー」

 予告編はよく見ていた映画。思ったよりも面白かった。(^^ゞ
 山田孝之がハイキングのQ太郎に見え…m(__)m
 栗山千明が可愛かった(最後の方)(^^)

・「クロサギ 劇場版」

 映画も見に行ったんだけどね(^^ゞ
 1つは当たりの映画を抑えておきたいと思って…(^^)
 改めて見ても楽しめた。

○石川遼、連覇!!

やっぱ、この人はすごい☆
こういう若手のスターが出てくると盛り上がるね\(^o^)/

(9/6)

○興南・島袋は中大進学を希望―

大学でまた経験して成長する道を選んだみたいです。
将来が楽しみです☆

○175R、年内で活動休止―

ホンコンさんと板尾さんの130Rと間違えられていたのも今は昔…
結婚した頃がピークだったかな?
SHOGOさんのラジオ好きだったんだけどね。(^^ゞ
充電しての復活、期待しています☆

○赤星さんの現役復活…正直、見てみたいのですが、命にも関わることですので、悔いのない決定をして下さい。

(9/7)

○楽天・福盛投手、引退―

特に1年目の楽天を支えてくれた印象があります。
長い間、お疲れ様でした。m(__)m

(9/8)

○深津絵里、モントリオール映画祭で主演女優賞―

おめでとうございます☆
世界的に認められるのは、なんか嬉しい(^^)

○レッドシアター好きだったな…

ウッチャンを中心に若手の集まった、いいチームだったと思います。
またスペシャルで…

○高橋建、今季で引退―

昔、ニュースで投球術を特集していたのを覚えています。
長い間、お疲れ様でした。m(__)m

(9/9)

○まさに執念のドローでした。

この引き分けは大きいな。俊介がよく打った!(T_T)

(9/10)

○思った途端、これだ…

残り試合は一番多いし、負け数も一番少ない。冷静にいきましょう。

○リンク元ランキング4位にフリーアナウンサーの安藤幸代さんのブログが―

フジサンケイのゴルフ中継お疲れ様でした。m(__)m

(9/11)

○谷啓さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(9/14)

○リンク元ランキング3位に末永遥さんのブログが―

まあ、熱愛報道の影響でしょうね。(^^ゞ
ただ、この方の演技は個人的にも高く評価しています。(ドラマ『ライフ』の「おめぇの席ねぇから!」とか…)そういった目でみてほしいな(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敵か?味方か?

映画『ソルト』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

ストーリーを…

 アメリカCIA本部。女性職員ソルト( アンジェリーナ・ジョリー )による、ロシアからの密告者の尋問が行われていた…
その時、密告者から衝撃の告白―「アメリカ副大統領の葬儀で大統領を暗殺するためにスパイが送り込まれている。そのスパイの名は…ソルト…」

この告白に動揺するソルト。「これは何かの罠よ。夫が心配。夫に会わせて!」―
CIAから逃走し、追われる身となったソルト
そして、厳重な警備の中、行われた副大統領の葬儀。そこには髪を黒く染めたソルトの姿が―

果たして彼女の正体とは一体?

といった感じです。

 一番印象に残っているのは、やっぱり”女優”アンジェリーナ・ジョリーの鬼気迫る演技です。
特に終盤は圧倒されました。

アンジーの映画を見るのは2回目ですが、やっぱりこの人すごいです。(^^ゞ

久しぶりにアクション映画を見たのですが、十分楽しめました。\(^o^)/

ただ欲を言うと、もう少しスッキリしてほしかったかな?

興味のある方は是非どうぞ☆

なんか続編がありそうな予感も…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛虎の要

矢野選手、長い間本当にお疲れ様でした。

 1990年に中日に入団した矢野選手、1998年に関川や久慈とのトレードで阪神に入団します。

翌99年からは野村監督の下、阪神の正捕手として活躍。

ただ、野村監督は相変わらずの辛口評価で、
新庄がメジャーに移籍した際に受けたインタビューで「残ったレギュラーは矢野ぐらいですか?」と質問を受けた際には、
「キャッチャーがいいチームっていうのは、そこそこ勝てるんです。でも、阪神はそんなに勝ってない。だから、新庄が抜けた今、矢野も含めてレギュラーはいません。」と答えられたのを覚えています。

でも、野村監督の下で学んだ3年間で確実に捕手として成長したと思います。

 2002年からは星野監督

2002年のシーズンはケガで欠場することが多く、チームも4位。矢野の存在の大きさを改めて実感しました。

そして迎えた2003年―

日本ハムからトレードで移籍した野口との併用もあり、大活躍。18年ぶりのリーグ制覇の立役者にもなりました。

 2004年からの岡田監督は、全幅の信頼を寄せられ、最強リリーフトリオ”JFK”などの強力投手陣を支え、2005年のリーグ制覇など、常勝軍団となった阪神を支えました。

本人の直訴で応援歌を作ったのもこの頃だったかな?(^^ゞ

 しかし、近年はケガの影響から思ったようなプレーができず、狩野ら若手の台頭、城島の加入などで出場機会も減少―。引退を決断しました。

 矢野捕手のリードを聞かれた際に、

「サインは出すけど、どんどん首を振ってくれ自分の気持ちが1番乗ったボールを投げてほしい。

と答えられたのを今でも覚えています。投手の投げたい、気持ちのこもった球を使って、上手くリードを組み立てる。それが今までの阪神を支えてくれました。

 また、その人間性も素晴らしく、
出番の減少した今年、控えに回りながらも腐ることなく準備を怠らないそういう姿勢がベンチにいる選手の手本となり、今年の快進撃を影で支えてくれました。

今年、城島を獲得した際にファンの間では賛否両論だったのですが、矢野捕手の存在がその一因だったと思います。

また、今季は一度キャッチャーとして守っていたのですが、その時にファンからの大声援を受けました

確かに生え抜きの選手ではありませんが、誰よりもファンから愛される、そんな名選手でした。

そんなスター選手の花道、きっちりと飾りたいですね。

 矢野選手、長い間本当にありがとうございました。
今度は是非、指導者として戻ってきてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »