« 祝・400回記念 魂のフルスイング~WAKATIKO~ | トップページ | 卒業される皆さんへ »

爆笑オンエアバトル 決勝 ’10

さて、何事もなかったかのように通常更新に戻ります(笑)(^^ゞ

 爆笑オンエアバトルの決勝戦です。(公式サイトはコチラ

何と!今回で爆笑オンエアバトルは最終回!!ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

今年の決勝戦は、ファーストステージで上位2名を選び、それにチャンピオンを加えた3組による最終決戦で王者を決めます。
最後にして、第1回大会のルールに戻りました。(^^ゞ

10年以上の歴史のあるオンエアバトル― 過去、連覇をしたコンビは、わずかに
ルート33、そして、”史上最強チャンピオン”の呼び声高いタカアンドトシ
しかし、彼らでも為しえなかった大偉業”3連覇”―

果たして、トータルテンボスの前人未到の3連覇か?!
はたまた、新チャンピオンが誕生し、世代交代を果たすのか?!

『爆笑オンエアバトル』最後のバトルを制するのは果たして誰か?

①ノンスモーキン

”ゾンビ”

指で救出する美女を演じるなど、今までにない斬新な漫才。
ただ、会場での浸透はいまいちだったかな?爆笑に欠けた感じがありました。

②ハライチ

”鍋”

M-1にも出場したコンビ。ボケに乗っかかっていきます。
「アドリブが吉と出るか凶と出るか」―
出番前のインタビューで彼らはこう答えていました。
ちょっと中盤あたりから中だるみの感じがあったかな?

③U字工事

”栃木愛”

ずっとチャンピオン大会に出場しているのですが、決勝には初進出。
今回の会場は関東の千葉だったので、栃木のネタも浸透しやすいところではあるのかな?
前の2組に比べるとオンエアバトルの舞台に慣れている感じがありました

④イワイガワ

”謎のマジシャン”

謎のマジシャンの素性を司会がばらし続け…
やっぱりイワイガワの笑いは1位を取る笑いではないかな
ちょっと会場にも浸透しきれませんでしたね。単調だったかな?

⑤しんのすけとシャン

”高校サッカー”

漫才コンビ。
ここにきてストレートな漫才ネタです
回想シーンが好きでした。(^^ゞ
ただちょっと大爆発がなかったかな?
でも光るものは感じました

⑥アームストロング

”帰りの会”

視聴者投票1位で復活したコンビ。昨年の決勝進出コンビ。
独特の流れが徐々に浸透していきました
本人達も手応えは十分。
帰りの会が懐かしく思う…(^^ゞ

⑦我人祥太

”血液検査”

血液検査の結果にショックを受けるのですが…
独特の世界観だったのですが、大爆発がなかったかな…?
血液型選手権ははまったけどね。(^^ゞ
こういう笑いはチャンピオン大会にはむいていないのかな…?

⑧こりゃめでてーな

”メイド喫茶”

漫才コンビ。
ちょっと爆発に欠けましたね。
浸透しきれなかったかな?
真矢みきをオチに使うなら、もう少し使ってもよかったような気が…(^^ゞ

⑨ななめ45°

”結婚式のスピーチ”

航空会社の友人と鉄道会社のおじさんによるスピーチが…
得意の鉄道ネタ。
彼らにしたら、盛り上がりに欠けたかな?下ネタ多かったし…(^^ゞ
オチがもう少し盛り上がったら…なんて考えました。(^^ゞ

⑩ランチランチ

”海賊ごっこ”

コントコンビ。
身近なものを使って海賊になりきり・・・
こちらも浸透しなかった…
チャンピオン大会の重圧もあるのかな

⑪THE GEESE

”見たことあるものしりとり”

コントの実力派。
こちらも独特な世界観
「別れた妻は忘れて下さい!」は、はまりました。
でも、静かな笑いはこういう大会では浸透しづらいのかな

⑫エハラマサヒロ

”大人の紙芝居”

昼の情報番組を取り入れたシンデレラ。
序盤でまさかのハプニング紙芝居の向きがバラバラに…。
フリップ芸はこれがあるのが怖い…。(^^ゞ
ただ、このハプニングがいい方向に行ったのか、落ち着いてネタができていたと思います。
うまく利用できたかな?(^^ゞ

⑬ハイキングウォーキング

”野比家のとなり”

重たい話を兄弟でしているのですが…となりが野比家であるが為に、色々な音が…(笑)
個人的には、ここまでで一番面白かったです
さすがでした。
欲を言えば、オチが盛り上がったら、もう少し点数が上がったかな?(^^ゞ

 ファーストステージが終了。

ウ~ン…ほとんどが初出場ということもあってか、正直、ちょっと爆発力がなかったような感じもしています。

そんな中、最終ステージに進むのは…

エハラマサヒロ、ハイキングウォーキング

この2組に決定☆
諦めていたエハラさん、尋常じゃない驚きようでした。(^^ゞ

奇しくも、ピン芸人(エハラマサヒロ)コント(ハイキングウォーキング)漫才(トータルテンボス)とジャンルが別々な3組による最終決戦となりました。

そして、『爆笑オンエアバトル』正真正銘最後の決戦!
ファイナルステージのスタートです☆

①エハラマサヒロ

”ウザいライブ”

目指すは、ピン芸人初の頂点!そして、初出場初優勝の大記録!!
エハラマサヒロの代名詞ともいえる、このネタで勝負です!!
やりなれた感じがよく出ていました
ただ、新鮮味がなかったので、爆発しなかったかな

②ハイキングウォーキング

”トランプ”

目指すは、Q太郎と同期のトータルテンボスを倒してのアンジャッシュ以来のコントでの頂点!!
Q太郎の知っているトランプのルールが普通のものとは違い…
『ずくたんずんぶんぐんゲーム』を思い出した(笑)
激しい動きで笑いを起したのですが、個人的には、1本目の方にいいネタを持ってきたように感じました。

③トータルテンボス

”占い師”

目指すは前人未到の大記録”3連覇”!
チャンピオンである以上、戦う相手は昨年の自分自身でもあります。
しかし、今回の大会で大爆発を起したのは…間違いなく彼らでした!!
定番ながら、「スキマスイッチ」のノリツッコミははまりました。(笑)(^^ゞ
他の組との違いを感じざるを得なかったかな?

以上で全対戦を終了。

結果は…

3位 エハラマサヒロ

2位 ハイキングウォーキング

1位 トータルテンボス

前人未到の大記録が達成されました!!

正直、今回のネタを見れば、当然の結果だったような気がします

本当におめでとうございます!!

 ただ敗れてしまった方々は、初出場がほとんどです
これからの経験次第ではきっと彼らをおびやかす存在になるでしょう

自分が今回、輝くものを見つけたのは『しんのすけとシャン』『アームストロング』(エハラとハイキングは、もう売れてるので除外ね(^^ゞ)

アームストロングは、敗者復活で上がってきたようなもの
もしも、ファイナルステージに進んでいたらM-1でのこと(敗者復活のサンドウィッチマンに負けた)があるので、チャンピオンも嫌だったのかもしれませんね(^^ゞ

 爆笑オンエアバトル若手お笑い芸人の登竜門として数々の人気芸人を輩出してきた番組もいよいよ終わりです。(/□≦、)crying

本当にありがとうございました。m(__)m

では、4月からの新番組『オンバト+』でお会いしましょう!!(笑)(^_^)/~

10組に戻すみたいだけど、どういうルールになるのだろう?

|

« 祝・400回記念 魂のフルスイング~WAKATIKO~ | トップページ | 卒業される皆さんへ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/33971642

この記事へのトラックバック一覧です: 爆笑オンエアバトル 決勝 ’10:

« 祝・400回記念 魂のフルスイング~WAKATIKO~ | トップページ | 卒業される皆さんへ »