« 岡山の星 | トップページ | R-1 2010 »

R-1敗者復活戦 2010

今年はリアルタイムで見れました。(^^ゞ

という訳で、感想の方を―

 昨年から始まった敗者復活戦。

今年のエントリーを見て、まず目に付いたのが、”昨年の王者” 中山功太”昨年3位の実力者” COWCOW山田よしが続いていること。

きっと今回のヤマになるであろうと思いながら、番組が始まりました―

①ユリオカ超特Q

「ハゲ漫談」

昔、オンエアバトルの頃に見たことがあるのですが、ネタを見るのは久しぶりでした。

毒舌なネタを昔はしていたと思うのですが、ハゲに変えたのかな?
トップバッターということで緊張はあったかと思うのですが、無難にまとめたと思います。(^^ゞ

②今泉

レッドカーペットで御馴染み、お酒を飲んで「言ってみてぇ~」の人

笑いは起きていたのですが、ちょっと一本調子だったかな
最後の追い込みがもう少し盛り上がったら、もっと伸びたかもしれません。
やっぱりR-1は”どれだけ飽きさせないか”も課題になりますね
フレーズ芸は特にね(^^ゞ

③ナオユキ

「静かな漫談」

昨年に引き続き、敗者復活戦に出場。
例えるなら、オリックス・阪神で活躍した星野伸之投手のようなネタ でしょうか?(通じるかな?(^^ゞ)

話術はさすがでした。ただ、ちょっと会場の年齢層よりも上の人向きの芸かな

④ゆってぃ~

「ワカチコ」

前の3人に比べると、さすがに舞台慣れしているのを感じました

知名度からか、会場にも浸透している笑いでした。

”ジキソンソン”のところは初めて見たな…(^^ゞ

⑤中山功太

「カメラマン」ネタ

言わずと知れた前回王者。

どんな大会でも現チャンピオンというのは、前回の自分とも比べられるものであり

正直、個人的には去年のネタの方が好きだったかな?

会場もネタに共感しきれなかったところがありました。
一番共感された、”進研ゼミ”のところがもっと早かったら変わったかな?

⑥COWCOW山田よし

「DJボブ」

最初の地井武男からやられました。

よくM-1の審査員が「爆発を起こす」ということを言いますが、今回、その爆発をおこしたのは間違いなく彼です。

ただフリップ芸で怖いのは、めくる時のミスです。危ない時もありましたが、乗り切りました。

ネタが終わった時に確信しました「これは行った」―

⑦田上よしえ

「日本語講座」

オンエアバトル以来、久しぶりに見ました。

出てきた時には、フリップ芸が被ったのかと思い、ビックリしましたが違ったようです。

会場が温まっていたこともあってか、爆笑を起したと思います

⑧友近

「ヨガ講師」

R-1の常連、友近です。

さすがの演技力でした。
ただ面白かったのですが、友近の笑いは1位を狙う笑いかと言えば、ウ~ンという感じですかね?(^^ゞ

⑨アナログタロウ

「80年代のDJ」

とんねるずの「細かすぎて伝わらないものまね」のチャンピオン。

時間を目一杯使って、会場を飽きさせないかどうかが心配でしたが、”斉藤由貴のシマリス”を有効に使っていました。(^^ゞ

ただ、爆笑に欠けたかな?

⑩もう中学生

「あさり」ネタ

戦いを度外視して、心温まりました。(笑)(^^ゞ

少しでもいつもと変えようかと思ってか、登場を工夫したのですが

色々な意味で”もう中学生らしいネタ”でした。

 全10組のネタが終了。

決勝のルール変更の為、昨年と違い、1位のみが決勝進出

結果は…

10位 ナオユキ

9位 今泉

8位 中山功太

7位 もう中学生

6位 ゆってぃ

5位 ユリオカ超特Q

4位 アナログタロウ

3位 田上よしえ

2位 友近

1位 COWCOW山田よし

ぶっちぎりです!

一番会場を沸かした山田よしに決まりました。

決勝でもきっとかき乱してくれることでしょう☆

 さて、明日いよいよ決勝が始まります。

今回よりルールが変わり、最後にTOP3による最終決戦があります。(ようはM-1と同じ)
”2回ネタをしないといけない”というところがポイントになるのではないでしょうか

果たして栄冠は誰の手に―?

敗者復活戦を書くのが決勝までに間に合って良かった(^^ゞ

|

« 岡山の星 | トップページ | R-1 2010 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/33492967

この記事へのトラックバック一覧です: R-1敗者復活戦 2010:

« 岡山の星 | トップページ | R-1 2010 »