« 独り言集’09 11月 | トップページ | 愛と義と?のかぶと »

究極のお人好し

映画『なくもんか』見てきました☆(公式サイトはコチラ

ストーリーを…

8歳の時に、ろくでなしの父親に捨てられ、下町の善人通り商店街のハムカツ屋「山ちゃん」に預けられた祐太(阿部サダヲ)。そこで育てられた彼は、頼まれたら嫌と言えない究極のお人好しとも言える性格もあり、2代目「山ちゃん」の店主として商店街の顔となりました。

そんな彼には生き別れの弟がいました。今をときめく人気漫才コンビ「金城ブラザーズ」の弟祐介(瑛太)実の兄弟ではないことを隠しながらも活躍をする二人。実力はないが人気だけで仕事を続けています。

ある時、「山ちゃん」に十数年前に出て行ったきり音信不通だった一人娘徹子(竹内結子)が帰ってきます。別人のようになった徹子と祐太はめでたく結婚。そして戸籍謄本を見て祐介が実の弟であることを知った祐太そこから全ての歯車が周り始め…

といった感じです。

 正直、あまり期待せずに見たからか面白かったです。

笑いどころの多い、温かいホームドラマで、映画館が温かい笑いに包まれました。(^^ゞ
個人的にはソースの下りで笑いが止まらなかった…(^^ゞ

あと見終わったら、ハムカツを食べたくなりました☆(映画館に置いてたら売れたろうに…)

「なあ、あんた、何でそんなにお人好しでいれるんだよ?」

「決まってんだろ…」

果たしてその答えとは―?

興味のある方は是非どうぞ☆

 帰る時に妹からメールが…

「ごめん、頼まれてたビデオ録れなかった。」

…(-_-;)

この映画を見て、何だか少し優しくなりました…(T_T)

|

« 独り言集’09 11月 | トップページ | 愛と義と?のかぶと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/32222346

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のお人好し:

« 独り言集’09 11月 | トップページ | 愛と義と?のかぶと »