« 爆笑オンエアバトル 決勝 ’09 | トップページ | なんか貼りたくなったので…8 »

栄光の侍衆

WBCサムライジャパン、連覇おめでとうございます☆

 24日にあった決勝戦、相手はやはり”宿命の相手”韓国。

ここまでの対戦成績は2勝2敗。直接対決で勝ち越した方が優勝。前回みたいな事は言わせません!!

 試合は日本が先制し、先発岩隈が好投するものの、日本・韓国両チームともほぼ互角の一進一退の攻防が続きます

1点リードで迎えた9回の裏、日本は最後のマウンドをダルビッシュに託します

しかし…やはり韓国は北京五輪金メダルのチームです2アウトから執念のタイムリーで追いつかれます

 迎えた延長10回の表、サムライジャパンの攻撃は2アウト二塁三塁のチャンス

ここで巡ってきて、決めるのがイチローです!!

今大会不振を極めたイチローが最後の最後で決めてくれました!!

その裏…同じ失敗を繰り返さないのがダルビッシュです

四球のランナーを出すものの、最後のバッターを渾身のスライダーで空振り三振!!

サムライJAPANが再び世界一に輝きました☆

 監督が決まるまでの紆余曲折、また、最初の中国戦をはじめとするアジアラウンドの戦いを見てると正直、連覇は… 不安でしたが、一戦一戦チームとして成長していき、調子の悪い選手を全員でカバーするまとまりが生まれていったと思います。

 そして、何と言っても、原動力となったのは世界一の投手力です。

予選では先発、そして、決勝トーナメントでは抑えと、フル回転の活躍を見せたダルビッシュ北京五輪で星野監督が上原に求めたかったのは、こういう働きだったかな?とも思いました。

また、初の代表となった岩隈投手も立派でした世界に、その名前を轟かせたのではないでしょうか?

更に、MVPを獲得した松坂投手も忘れてはなりません。キューバ、アメリカ、韓国、日本のライバルとなった全チームから勝利を収めた、その力なくしては連覇もなかったでしょう。

あと、ウチの藤川も活躍したと思います。前回大会では、力になれなかった ということでチャンピオンフラッグにサインをしませんでした。今回も決勝トーナメントこそダルビッシュに譲りましたが、経験のない抑えを務められたのも「いざとなれば藤川さんが…」 という思いがあったからでしょう。

 打撃陣も忘れてはいけません。青木内川決勝こそ出れませんでしたが村田選手も十分期待に応えてくれました。

何と言ってもイチローの力は大きかったと思います。たとえ不振でも、「いつか、きっと…」 という信頼がチームをまとめたと思います。

 原監督も、すっきりした監督決定ではありませんでしたが、短期間で見事にチームをまとめてくれました。

個人的には決勝での栗原起用はいい決断だったと思います。この大一番でデータが全くないというのは、それだけで相手には脅威になりますからね。

 また、決勝で勝ったものの、やはり韓国は強かったです。今後、このライバル関係はしばらく続くでしょう。国際大会での一番の強敵になることと思います。

 形は”連覇”となりましたが、これは日本球界の新しい世代で掴んだ”初優勝”とも言えると思います。

 ”日本野球ここにあり!!”― を見事に見せてくれた侍衆。

本当におめでとうございます!!(^_^)/~baseball

さあ、今シーズンも頑張りましょうか。(^^ゞ

 最後に一言だけ言っておきたいのですが、マスコミからいつも通り星野監督に対しての”権威失墜”などのバッシングが始まりました。

ただ、北京五輪は予選から本戦までかなりの時間があり、選手の調子も大きく変わりますし、研究される時間も十分にありました。

もしも原監督で北京五輪に臨んでいたとしても、金メダルが取れていたかというと、かなり難しかったと思います。

何よりも、星野監督は阪神を18年ぶりの優勝に導いた”英雄”であることに変わりはありません。

正直バッシングはやめていただきたいです。

|

« 爆笑オンエアバトル 決勝 ’09 | トップページ | なんか貼りたくなったので…8 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/28808895

この記事へのトラックバック一覧です: 栄光の侍衆:

« 爆笑オンエアバトル 決勝 ’09 | トップページ | なんか貼りたくなったので…8 »