« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

なんか貼りたくなったので…8

今年度ラストはハリ・タカ (通称?)で。(^^ゞ

 3月は別れの季節ということで、色々と卒業を…今年は久しぶりに見送る立場でしたけどね。

 まずは前任校の卒業式から。

実際に教えた生徒ではないのですがよく職員室に遊びに来たりして関わった生徒もいたので、行ってみました。

まあ、2年間見てきたので、だいたいの流れは分かっていました。式が終わって、3年間の思い出の映像が流れ、退場…

と思いきや、終了後、生徒が保護者席に向かってKiroroの『BEST FRIEND』を歌い始め…

(T_T)

スイッチ入りました。(^^ゞ

保護者ではないのに保護者席で感動してしまったので、もしも実際の親だったらもっと感無量だったのだろうな~と思いつつ、生徒の旅立ちを見届けました。∠(-∧-)

式終了後…

在校生:「先生、数学教えて。」

…(^^ゞ

 その翌日は、今の学校の卒業式。

前日とは違い、こちらは厳かな雰囲気

でも、やっぱり最後に全員で保護者に向かってのお礼の言葉。やっぱり感動しますね。

weep

 その後も2人の妹が共に卒業。happy01

2人の晴れ姿を見て、改めて時の流れを感じました。大きくなったもんだ。(笑)

下の妹が新聞に載った。(^^ゞ

 さて、幸いにも、来年度も今の学校に勤められるようになりました。ただ、学年も変わり、久しぶりに担任業務もやりそうです。また、お世話になった先輩も何名か退職されました。また1年、新たな一歩を進みます。

 今回の曲は、Kiroro『BEST FRIEND』です。ちゅらさん好きだったな…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄光の侍衆

WBCサムライジャパン、連覇おめでとうございます☆

 24日にあった決勝戦、相手はやはり”宿命の相手”韓国。

ここまでの対戦成績は2勝2敗。直接対決で勝ち越した方が優勝。前回みたいな事は言わせません!!

 試合は日本が先制し、先発岩隈が好投するものの、日本・韓国両チームともほぼ互角の一進一退の攻防が続きます

1点リードで迎えた9回の裏、日本は最後のマウンドをダルビッシュに託します

しかし…やはり韓国は北京五輪金メダルのチームです2アウトから執念のタイムリーで追いつかれます

 迎えた延長10回の表、サムライジャパンの攻撃は2アウト二塁三塁のチャンス

ここで巡ってきて、決めるのがイチローです!!

今大会不振を極めたイチローが最後の最後で決めてくれました!!

その裏…同じ失敗を繰り返さないのがダルビッシュです

四球のランナーを出すものの、最後のバッターを渾身のスライダーで空振り三振!!

サムライJAPANが再び世界一に輝きました☆

 監督が決まるまでの紆余曲折、また、最初の中国戦をはじめとするアジアラウンドの戦いを見てると正直、連覇は… 不安でしたが、一戦一戦チームとして成長していき、調子の悪い選手を全員でカバーするまとまりが生まれていったと思います。

 そして、何と言っても、原動力となったのは世界一の投手力です。

予選では先発、そして、決勝トーナメントでは抑えと、フル回転の活躍を見せたダルビッシュ北京五輪で星野監督が上原に求めたかったのは、こういう働きだったかな?とも思いました。

また、初の代表となった岩隈投手も立派でした世界に、その名前を轟かせたのではないでしょうか?

更に、MVPを獲得した松坂投手も忘れてはなりません。キューバ、アメリカ、韓国、日本のライバルとなった全チームから勝利を収めた、その力なくしては連覇もなかったでしょう。

あと、ウチの藤川も活躍したと思います。前回大会では、力になれなかった ということでチャンピオンフラッグにサインをしませんでした。今回も決勝トーナメントこそダルビッシュに譲りましたが、経験のない抑えを務められたのも「いざとなれば藤川さんが…」 という思いがあったからでしょう。

 打撃陣も忘れてはいけません。青木内川決勝こそ出れませんでしたが村田選手も十分期待に応えてくれました。

何と言ってもイチローの力は大きかったと思います。たとえ不振でも、「いつか、きっと…」 という信頼がチームをまとめたと思います。

 原監督も、すっきりした監督決定ではありませんでしたが、短期間で見事にチームをまとめてくれました。

個人的には決勝での栗原起用はいい決断だったと思います。この大一番でデータが全くないというのは、それだけで相手には脅威になりますからね。

 また、決勝で勝ったものの、やはり韓国は強かったです。今後、このライバル関係はしばらく続くでしょう。国際大会での一番の強敵になることと思います。

 形は”連覇”となりましたが、これは日本球界の新しい世代で掴んだ”初優勝”とも言えると思います。

 ”日本野球ここにあり!!”― を見事に見せてくれた侍衆。

本当におめでとうございます!!(^_^)/~baseball

さあ、今シーズンも頑張りましょうか。(^^ゞ

 最後に一言だけ言っておきたいのですが、マスコミからいつも通り星野監督に対しての”権威失墜”などのバッシングが始まりました。

ただ、北京五輪は予選から本戦までかなりの時間があり、選手の調子も大きく変わりますし、研究される時間も十分にありました。

もしも原監督で北京五輪に臨んでいたとしても、金メダルが取れていたかというと、かなり難しかったと思います。

何よりも、星野監督は阪神を18年ぶりの優勝に導いた”英雄”であることに変わりはありません。

正直バッシングはやめていただきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑オンエアバトル 決勝 ’09

さて、皆さんに吉報です。

今回で今年のチャンピオン大会の感想は最後です。(笑)

果たして”新王者”の誕生か?はたまた、”王者”トータルテンボスの連覇か?

では始めます。なるべくついて来てくださいm(__)m

① ギャロップ

トップバッターで唯一の関西勢。まあ、大会を盛り上げるのにはいいかな?

サッカーの監督ネタ。

やっぱりトップバッターだけあって緊張があったのでしょう

ハマるところとハマらないところがはっきりしてました

全体的にちょっと盛り上がりに欠けたかな?

ただ、牛乳のところは好きでした。(^^ゞ

② フラミンゴ

準決勝で台風の目となったトリオ。

舌ぜつの悪いボーカルネタ。

完成度の高いネタでした。

ただ、コントというより劇だったかな?

好き嫌いで言えば、個人的にはあまり好きじゃないネタでした。

自分自身、舌ぜつが悪いので…(笑)(^^ゞ

③ トータルテンボス

ここで現王者の登場!

ウェイターネタ。

さすがの掛け合いでした。前の2組が初出場だっただけに、落ち着いたステージが一層際立ったかもしれません。

スキマスイッチ,ブロッコリー…ベタなところでも面白かったです。

チャンピオンの名に恥じないステージでした。(^^ゞ

④ 我が家

野球拳ネタ。

このネタ何回か見たことが…本人達も気に入ってるようです。(^^ゞ

初出場なだけに、決勝の雰囲気に飲まれたかな?

ちょっと会場と合わなかったようです。

本人達もそう感じてたかな?

じゃんけんは、一つひとつ出す順番を決めて練習していたのだろうか?

だとすればすごい。

⑤ 流れ星

”初参戦以来、無敗の連勝記録”を持つ流れ星の登場。

祭の屋台ネタ。

狭いボケ(うる星やつら)が伝わらない時があったかな?

彼らにしては、どうだっただろう?もう少し取れる力を持ってるかな?とも思いました。

ただ、屋台全部は面白かったですよ(^^ゞ

⑥ ななめ45°

悲願の決勝初進出。

お見舞いネタ。

岡安さん(鉄道の人)が珍しく明るい役でした。

今までのななめ45°にしては一風変わったコントでした

「えっ?釣り雑誌?俺、鉄道が好きなのに?」…はまりました。(^^)

⑦ アームストロング

初出場での決勝進出。

空手部の勧誘ネタ。

ちょっと大爆発が少なかったかな?

音楽に合わせた動きも、こっちの期待を超えなかった…。

ただ光るものはありました。(^^ゞ

⑧ パンクブーブー

”Mr.オーバー500”の挑戦。前に決勝進出した時は、見事なまでの「空振り三振」(笑)。

果たして今回は…?

陶芸家の弟子入りネタ。

最近は安定感が出てきたので、もう三振はないかな

テンポのいい掛け合いでした。

最後かんだな…。(-_-;)

⑨ ハマカーン

最多出場。今季はアクシデントもあったのですが、何とかここまで来れました。頑張れ!!

ハンマー投げネタ。

ちょっと構成変えてきましたね

これからに向けても、いいステージだったのではないでしょうか?

ナイツと一緒で、お姉ちゃんを使わずに頑張っているところも好感が持てます。(^^ゞ

⑩ タイムマシーン3号

優勝候補の登場。

妹ネタ。

あいかわらず、さすがの掛け合いです

テンポも良く、笑いどころも多かったです

本人達も十分な手ごたえを感じたようです。(^^ゞ

⑪ 超新塾

目指すは”完全制覇”!!

こちらも、さすがの掛け合い

もう見事としか言えません。

史上初のコンビ以外でのチャンピオン十分可能性があります

 ここで全てのネタが終了。

果たして、激戦を制するのは…?

11位 我が家

10位 アームストロング

9位 フラミンゴ

8位 ギャロップ

7位 流れ星

6位 ななめ45°

5位 ハマカーン

4位 パンクブーブー

3位 超新塾

2位 タイムマシーン3号

1位 トータルテンボス!!

 史上3組目の連覇達成です!!

今年の挑戦を見てみると、正直、連覇は厳しいかな…と思っていたのですが、見事な優勝です!!

「チャンピオンとして恥ずかしくないステージをしたかった。」― その姿勢が好結果を生みました。

昨年の決勝最多得点を更新しての連覇見事です☆

去年よりも確実に面白かったです(^^)

おめでとうございます!!

 また、タイムマシーン3号や超新塾は手ごたえがあっただけに、悔しいでしょうね

2組とも優勝してもおかしくないネタでした。

来季、より一層の力をつけて、頑張って下さい!!

 今年は決勝がいつもよりも早い時間にありました

あまりテレビに出てなくても、面白い芸人はまだまだこんなにいます

活きのいい若手をこれからも育ててほしいと思います。

 来年度から、放送形式が変わるようです。

個人的にはどうかな?と思うのですが、まあ、見てみないことには何も言えません。

やっぱりお笑い番組が増えてきたのが影響してるのでしょうかね?

また来年、どんな芸人が出てくるのか?

絶対的な力を持っているトータルテンボスを誰が倒すのか?

楽しみです。(^^)

とりあえずは1年間お疲れ様でした。m(__)m

これからも頑張って下さい!!(^_^)/~

ではまた来年。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハハ~イ

『20世紀少年 第2章-最後の希望-』見てきました☆(コチラ

じゃあ、ストーリーを…

前作のラスト…2000年12月31日―突如現れた巨大ロボットによる、”血の大晦日”から15年が過ぎ、ロボットの大爆発に巻き込まれた、遠藤ケンヂは未だに行方不明。秘密基地のメンバーも散り散りになってしまっていた。そして、その無差別テロを止めたとされる”ともだち”は世界の救世主として崇められていた

ケンヂの姪カンナ( 平愛梨 )も今は高校生。ケンヂに代わり、ユキジ( 常盤貴子 )に育てられてはいるが、学校で習う「血の大晦日」の内容に憤りを感じ、問題児として扱われるようになっていた

カンナはある事件をきっかけに、「ともだちランド」での研修を決意。同級生小泉響子( 木南晴香 )と共に、成績優秀者のみが行けるボーナスステージへと進みます。

そこで彼女達が見た”ともだち”の真相とは―?

そして、ケンヂの後に何者かによって書かれていた『しん よげんの書』…

2015ねん、しんじゅくのきょうかいで、きゅうせいしゅは、せいぎのためにたちあがるが、あんさつされてしまうだろう…

はたしてその真意とは―?

といった感じです。(長い?(^^ゞ)

 やっぱり3部作の2作目なので、この作品だけで評価しない方がいいかもしれません

ただ率直に言うと、とても面白かったです

第1章の続きなのですが、いい意味で第1章とは一味違った、別の映画になっていました。

まあ、自分が原作を読んでいないというのもあるかもしれませんけどね。(^^ゞ

色々と、第3章に向けての伏線になりそうなシーンも多かったので、第3章が始まる前にもう一度見た方がいいかもしれません。(←宣伝マン?)(^^ゞ

第3章-僕らの旗-に向けて期待も高まってきました。

興味ある方は是非とも見て下さい☆

小泉響子役の子(木南晴香)かわいかったな…あと、カンナ(平愛梨)も…(^^ゞ

ややネタバレ注意…

ともだちの正体は…

今回も分かりませんでした。(^^ゞ

ただ、最後の方のシーンで素の声が聞こえました

やっぱり佐々木蔵之介さんかな?(予想)

とりあえず背格好からして、間違いなく石塚さんじゃあないな!(笑)

ラストシーン…最終章に向けて役者は揃いました

今秋の公開が待ち遠しいです。(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑オンエアバトル 準決勝B ’09

さて、週に一度の(自分だけの)お楽しみ☆

爆笑オンエアバトルチャンピオン大会

今回は宮崎での準決勝Bブロックです。

なるべくついて来て下さい。m(__)m

① ハマカーン

先週、いきなり崩れた ”トップバッターの法則” (笑)今回はどうか?

今回のトップバッターはハマカーン。6度目の挑戦と、今回出場した中で最多出場です。個人的に頑張ってほしい(^_^)/~

 今回は”バッティングセンター”ネタ

やはり最多出場だけあって、慣れたステージでした。最後に向かって盛り上がったと思います。昨年のリベンジできたかな?

計量時でのガッツポーズ。手ごたえがありましたね。(^^ゞ

ただ、やっぱりまだ何かが足りないかな?

聞いたことがあるんですが、ちょっと教科書通りの綺麗すぎる漫才なのかな?

② ラバーガール

一昨年は決勝に進出したコンビ。ジワジワ来ます。(^^ゞ

今回は”歴史”ネタ

静かな笑いながらも、いつも通りジワジワくる笑い。この掛け合い、自分は好きでした

ただ、順番がもう少し後の方が良かったかな~…

③ トップリード

これまでの8連敗から這い上がってきた初出場のコンビ

”合コン”ネタ

1人が話しながら、もう1人がその話を演じるという珍しい形でした。

初出場ながら、落ち着いたステージでした。ただちょっと後半に向けての盛り上がりが足りなかったかな?

④ 鎌鼬

外国人キャラ「チャン・ドン・ゴン・ジャン」でもたまに見るコンビ。今回、初出場

”部活引退”ネタ

関西ならではの掛け合いは良かったです。ただ、もうひとつ盛り上がりに欠けたかな?

⑤ 井上マー

尾崎豊でも有名なピン芸人。

ただ、今年は尾崎ネタを使わずの準決勝進出。昔、前説では尾崎以外のネタをやっていたということは聞いていたのですが、多彩なネタで勝ちあがりました。

”歌”ネタ(尾崎豊ではない)。

3曲とも笑いを取れたのですが、大きな笑いが少なかったですね

短い時間のレッドカーペットでもうけるかな?

⑥ 我が家

3回目の挑戦。過去2年は準決勝で敗退。3度目の正直なるか?

ローテーション漫才(勝手に命名)が浸透してきた今年は期待できます☆

盛り上がりもあったので、手ごたえもあったのではないでしょうか?

⑦ えんにち

極道キャラ”アイパー滝沢”のコンビ。2年連続決勝進出なるか?

”ナンパ”ネタ。

盛り上がりもあって面白かったのです。去年のファイナル進出がいい経験になったのではないでしょうか?

ただ、終わった後のアイパーさんの素顔暴露の方が面白かったかな?(^^ゞ

⑧ フラミンゴ

初出場のコントトリオ。

今回は”取調べ”ネタ

無茶振り刑事が面白かったです。初出場とは思えないほどの盛り上がりを見せました

「どげんかせんといかん」が思ったほどうけなかったかな?

⑨ 流れ星

初挑戦以来、番組新記録ともなる”無傷の20連勝”を記録したコンビ。

今回は”プチ修行”ネタ

経験も豊富で、さすがともいうべきステージでした。

ただ、オチがもう少し決まったら…とも思いました。

⑩ 超新塾

多分今季の1位になるんじゃないかな?

もう見事としか言いようのないようなステージでした。会場を盛り上げました。

さすがの掛け合いです。

コメントからも分かるように、十分な手ごたえがあったようです

メンバーの2人は津山出身のようです。(^^ゞ

準決勝は通過点でしかないようですね

 さて、Bブロックも全組の演技が終了しました。果たして決勝進出は―?

ハマカーン,流れ星,我が家,フラミンゴ,超新塾

以上の5組に決まりました☆

全ての決勝進出者がこれで揃いました!!

果たして11代王者に輝くのは、

”王者”トータルテンボスか?はたまた”新チャンピオン”の誕生か?

 というわけで、

もう1週お付き合い下さい。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相手にとって不足なし’09

初日の第1試合かい!!!!!(゚ロ゚屮)屮

 センバツ高校野球の組み合わせ抽選が行われ、倉敷工業高校は、開会式直後の第1試合大阪代表の金光大阪高校との対戦が決まりました。(コチラ

 金光大阪高校。やっぱり一番印象に残っているのは、一昨年の夏に、”怪物”中田翔を擁する大阪桐蔭を破って大阪大会を制し、中田翔最後の夏を終わらせたことですね

ただ、昨秋の大会を見ても近畿大会では、智弁和歌山、大阪桐蔭を倒し天理とも後一歩という試合をしたみたいです。また、コントロール抜群のエース木場投手スラッガー陽川選手といった、注目の選手もいるようです。手ごわそうな相手ですね。

 でも、前評判だけで試合は決まりません。もしそうなら岡山4位の倉敷工業は出場できませんでした。

中国大会で、名将角田監督率いる、”優勝候補の一角”作陽高校を破り鳥取城北との大接戦を制し中国大会の覇者となったチームです。

伝統のチームワークを原動力に、強豪校を倒しましょう☆

 岡山の開幕試合― 昔、関西高校が仙台育英を破った記憶があります。

中京との”16-15”という甲子園の歴史に残る乱打戦を制した34年前と同じ開幕試合。

中国大会でも神宮でもそうでした。独特の開幕試合の経験はこちらの方が上です。

リニューアル後最初ということで、開会式直後の注目度も高くなる試合

頑張って下さい!!(^_^)/~

(3/21)

リニューアル後最初の試合を飾るにふさわしい、すごい試合でした。(^^)

倉敷工業はもちろんのこと、金光大阪高校もさすがの実力校でした。(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

爆笑オンエアバトル 準決勝A ’09

さて今年もこの季節がやってきました。

元祖!自己満足企画!!

爆笑オンエアバトル チャンピオン大会!!

今年度は木曜深夜の放送だったので、見れるかどうか心配でしたが、例年以上に放送が見れました。

昨年末、歴代チャンピオンからNONSTYLEがM-1を制覇。今年続くのは誰だ?!

準決勝Aブロックの舞台は愛知! 

では参りましょう☆

なるべくついて来て下さい。m(__)m

① 上々軍団

昨年、満点を叩き出したコンビ。今回は”DJネタ”。

毎年思うんですが、準決勝でトップバッターになったら決勝進出してるんですよね。という事は…

 つかみの顔チェキは良かったのですが、ちょっと”砂を食べる歌”を引っ張りすぎたかな~。(^^ゞ

② タイムマシーン3号

言わずと知れた優勝候補の一角。今回は不動産ネタ。

早い順番だったんで、少し心配でしたが、いつも通りのテンポのいい漫才。

心配は無用でした。ただ、ツッコミを間違えてたけど…(^^ゞ

③ ブロードキャスト

昨年、惜しくも後一歩届かず準決勝で敗退したコンビ。”歴史”ネタ。

去年よりも掛け合いが上手く、今まで見た彼らのネタの中では一番面白かったと思います。

ただ、途中に間延びしたところがあったかな。もう一展開あっても良かったかと思います。

あと順番もあったかな~(^^ゞ

④ ななめ45°

3回目の準決勝進出。レッドカーペット等で鉄道キャラが浸透してきただけに、今回は期待できます

暴走族のコント

3回目だけにさすがのステージでした。オチも見事に決まりました。ご当地ネタもいいところで入っていたと思います。

⑤ 東京03

「アルファルファ」の時代から数えれば10年も挑戦し続けています。

昨年は年間1位ながらも、まさかの準決勝敗退。今回は自慢話ネタ。

昨年の反省からか今回は普段どおりのネタを披露したと思います。

ただ、細かい笑いはあったのですが、爆発がなかったような気がします

コントの連続だけに順番もあったかな~

⑥ アームストロング

初出場のコンビ。”脅迫電話”ネタ。

抽選の結果とは言え、まさかの3連続コント。運もあるのかな?

ただ初挑戦とは思えないような落ち着いたステージでした。「184(イヤヨ)」がはまってました。(^^ゞ

⑦ ギャロップ

初出場。ボケが関西テレビの山本アナに似ています。(笑)今回は”弁当”ネタ。

3組ぶりの漫才ということで、逆に新鮮に感じました。(^^ゞ

弁当交換が好きでした。

⑧ パップコーン

初出場の5人組。何気に好きです。(^^ゞ

今回は”自白”ネタ。

どう繋がるのか分からなかったのですが、後半、見事に繋がりました

ただ、前半で時間取りすぎたかもしれません。オチがもう少し決まってたら良かったかな?

⑨ パンクブーブー

3年ぶり出場。レッドカーペットに出てから安定しているような気がします。今回は”クレーマー”ネタ。

年末のスペシャルで知ったのですが、オーバー500(545点中500点以上)の獲得回数が番組史上NO1だそうです。ちょっと意外でした。

テンポのいい掛け合いはさすがです。

今までは、爆発する時とそうでない時の差がある (ホームランか三振か) 感じだったのですがこの安定感。ちょっと怖いですね。

⑩ U字工事

M-1にも出場した、栃木漫才コンビ。

今年は決勝進出も期待できます。ただ、本人も感じていたように、ちょっと空回りした感じがしました。盛り上がったのは「ごめんね、ごめんね~」ぐらいだったかな?

やはり愛知だけに、栃木に馴染みがなかったかな…

ななめ45°とは対照的でした。ただ、「鹿島アントラーズ、J2で待ってるぞ!」は好きでした。(^^ゞ

一応、茨城出身の磯山さやかさんは好きみたいですよ。

 全組終了。果たして決勝進出は?

パンクブーブー,タイムマシーン3号,ギャロップ,アームストロング,ななめ45°

以上5組に決定しました。

 タイムマシーン3号はさすがです。終わってみれば、目指すはチャンピオンのみといった感じでしたね。あと,前回の決勝進出では大失敗したパンクブーブー。最近の安定感から考えると、正直、不気味な存在です。

 ”トップバッターの法則” …言った瞬間に崩れました。(^^ゞ

さて次回は宮崎で行われたBブロック

 予告を見た限りでは、Bブロックのトップバッターは…なんと!ハマカーン!!

応援しているだけに頑張ってほしいです☆

来週もお楽しみに(^_^)/~

満足、満足。(笑)(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

独り言集’09 3月

月日が流れるのは早いもので…

今月もいきましょうか。(^^ゞ

(3/5)

○イチローは早めに1本がほしいな~

○打線がつながらないな…つなぎ役がほしいな

○阪神とロッテの間で、ハシケンと久保のトレードが成立

両方ともチームで余っていたので、いいトレードだったと思います。

ハシケン先発で育てたかったかな。ロッテでも頑張って下さい(^_^)/~

久保投手頑張りましょう!(^_^)/~

○今年も自己満足企画の季節か…(^^ゞ

○思い出したら書こう。(-_-;)

(3/6)

○やっぱり韓国がきたか。

(3/7)

○やっぱりイチローのヒットで流れを呼び込みましたね☆

村田の粘った末のホームランも見事でした!

(3/8)

○ドラえもんの「のび太のおばあちゃん」の話をやってました。

もしもタイムマシーンでおばあちゃんに会いにいっても自分だと気付いてもらえるようにする―

自分の理想だったりします(^^ゞ

(3/9)

○負けたのは残念でしたが、いい緊張感で行けるんでかえって良かったかもしれません。

1位通過だとあまり良い記憶がないので(サッカーW杯,北京五輪の野球)…(^^ゞ

○てかここまで野球ばっかだな。

(3/10)

○後輩の皆さん卒業おめでとうございますm(__)m

メール送ろうとは思ってたのですが…m(__)m

(3/11)

○これで”カーネル・サンダースの呪い”は解けるのか?

カーネルおじさんの像は甲子園に展示されるのがいいかな?!

(3/12)

○「きよしとこの夜」案外好きな番組だったんですけどね。(^^ゞ

昔、骨折して入院しているときに夜中見ていた記憶があります。

(3/15)

○探偵ナイトスクープのスペシャルがありました。

ゴールデンに移動してほしくはないな…

携帯便器はクレーム来ないだろうか?(^^ゞ

(3/18)

○ダルビッシュは立ち上がりにやられたな…

キューバ相手に2勝…たしかに難しいかもしれませんが、裏を返せば乗り切れれば勢いがつきます☆(^_^)/~

(3/20)

○WBC韓国に勝利!!

これで直接対決は五分に。もし仮にもう1回戦って勝ったら3勝2敗。

第1回のようなこと(日本の1勝2敗)は言わせません!!

○準決勝の相手はアメリカ。

アメリカの実力もさることながら、完全アウェーなことも心配されてますが、それは大丈夫でしょう。

敵のファンが怖くて阪神と戦えるか!!(笑)

○村田選手が心配。

追加召集は広島の栗原。いい方に考えたら、ここから先の一発勝負。

敵に全くデータのない栗原選手が打ったら怖いですよ!!

(3/23)

○泣いても笑っても、遂に決勝戦!!

ここまで韓国とは2勝2敗です。ここで勝てば、誰も文句は言えません!!

気迫で負けるな!!!(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »