« 僕らはみんな生きている | トップページ | R-1 2008 »

もう少し、この世界で…

デスノートのスピンオフ映画「L change the World」見てきました☆

 まあ,ストーリーを…

キラ事件を解決するものの、ワタリを亡くし、また、自身の命も残り23日となってしまった、天才探偵L(松山ケンイチ)、彼に残された事件は、タイのとある村を滅ぼしたウィルス事件。そして、彼の元に訪れる、2人の子供とFBIの捜査官。果たして、この事件の裏に隠された陰謀とは―?そして、ワタリを亡くし、たった1人で体を動かし、難事件に挑むLの運命は―?

といった感じです。

 正直、この映画を見に行く前は不安でした

あのLが走る?!あのLが自転車に乗る?!飛行機に飛び乗る?!

おいおい、この映画は大丈夫なのか?<`ヘ´>

面白い!!(笑)(^^)

 最近テレビでデスノートをやっていたので、それを見てイメージができていたからなのかもしれませんが個人的には本当に好きな映画でした

 主演した松山ケンイチさんは、”Lを演じる”というより、”松山ケンイチ=L”というようにも感じ、実際にLが扱っているような事件にさえ思えました。正直、彼がLじゃなかったらここまでのめり込めなかったような気がします。最後のセリフも印象的でした。

 あと、個人的にはキーボードの”L打ち”(?)がツボでした。(^^ゞ

興味がある人は是非どうぞ☆

 そういえば、一時期、電話をする時Lみたいに持ってたな…(^^ゞ

 まさか映画記事2連続になるとは自分でも思わなかった…。次は変えよう。(笑)

|

« 僕らはみんな生きている | トップページ | R-1 2008 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/10546608

この記事へのトラックバック一覧です: もう少し、この世界で…:

« 僕らはみんな生きている | トップページ | R-1 2008 »