« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

空に恋してる…

恋空」を見てきました☆

ストーリーを…

ごく普通の高校1年生ミカ新垣結衣)は、ふとした事から自分とは正反対なヒロと恋に落ちてしまいます。2人には様々な悲劇が訪れますが、それを乗り越える度に2人の絆は強くなっていきます。ところが、高校2年の春、ヒロは何故か一方的にミカに別れを告げ…

果たして2人の運命は?そして、2年後にミカが知った衝撃の真実とは一体?―といった感じです。

 自分の勤める学校では、毎朝10分間の読書の時間があり、去年の生徒に1年間の読書記録を書かせたところ、この話を読んでいた子が多く、興味を持ったので男1人で見てきました。(^^ゞ

 自分は意外に(?)純愛映画も見る事が多いのですが、率直に言えば、結構好きな映画でした。

女子中高生に人気がある話らしいので、やはり、映画館内にはその年代の女の子が多く、始まるまでは話し声が多かったのですが、始まったら、みんな映画に見入っているようでした

また、最後の方では胸が熱くなり、思わず泣きそうになりました。(T_T)

ミスチルの主題歌もよく合っていたように思います。

見た後に心が洗われるような、そんな映画でした。

 恋人がいる方も、自分のようにそうでない方も興味がある方は是非どうぞ☆

 最近、自分の中で新垣結衣が上がってきた…(笑)(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今シーズンでプロ野球を引退する選手の中には、古田監督のようにセレモニーをされたり、メディアに大きく取り上げられる選手もいれば、人知れずひっそりと現役を終える選手もいます。

 今回紹介する、阪神タイガースの中村豊選手もその一人です。

 「空を自由に泳ぐ”雲”のような存在になりたい。」― とあるインタビューでそう答えた中村豊選手は、当初は、ドラフトで日本ハムに入団したのですが、ケガ等もあり、なかなか結果がでず、2003年にトレードで阪神に来ます。

阪神移籍後、特に2005年は、主に終盤の”代走””守備固め”としてチームを支えました。

 そんな彼の現役時代で、語らずにいられないのは、何と言っても2005年9月7日ナゴヤドームでの中日戦です。

当時、中日と熾烈な首位争いを繰り広げており、その日は、まさに天王山でした。

序盤、両チームとも全くの互角と言ってもいい展開で試合が進み、迎えた9回表、代走で出た中村選手は、仲間のヒットでホームを落とし入れたかに思えましたが判定はアウト

普段は温厚な中村選手も珍しく熱くなります。

嫌な雰囲気が漂った9回裏中日の攻撃―。相手のチャンスで本塁でクロスプレー先程と同じようなタイミングでしたが、判定はセーフ―。

これに激怒した岡田監督はナイン全員をベンチに戻し、試合を放棄

 その後、試合は再開されますが、同点に追いつかれ、尚も1死1塁、次のバッターの打球はセンターフライ。しかし、名手赤星がまさかの落球―。このままサヨナラか!!と思われましたが、

「何か嫌な予感がしたんです。」と後日語った中村豊選手がうまくカバーをし、ランナーは3塁にストップ

その後を久保田が根性で抑え、試合は延長戦へ―

 迎えた11回表、ここまで影の活躍をしていた中村豊選手が打席に向かいます。

そして…

打ったー!!値千金の勝ち越しホームラン!!

この1点が決勝点となり、この試合を勝利した阪神が、その勢いに乗り、見事に優勝を成し遂げます。

詳しくはこちらを↓

ここ最近はケガの影響もあり、思ったような活躍ができなかった中村豊選手は、後輩から慕われる”兄貴肌”を買われ、球団からの要請を受け入れて来季からは2軍のコーチになります。これまでの経験を活かして、活きのいい若手を育てて下さい。

長い間、お疲れ様でした。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

WE ARE レッズ!!

浦和レッズが、AFCアジアチャンピオンズリーグを制覇し、アジアNO1のチームになりました☆

これは、日本勢としてはもちろん初めての快挙です!!

 以前にも書きましたが、浦和レッズはJリーグ発足当初は2年連続最下位や、J2への降格を経験するなど、Jリーグのお荷物的な存在 として扱われた事もありました。

 しかし、そんな時でもサポーター達は、彼らに変わらぬ熱い声援を送り続けました

そして、レッズは、1年でJリーグに戻り昨年、悲願のJリーグ制覇!!

その勢いのまま、決勝に進出し、アウェーでの戦いを引き分け、今日を迎えました

 今日の試合、先制点を、”ミスターレッズ”「福田正博」 の背番号”9”を受け継いだ永井選手が決め、前半を終えます。

 そして迎えた後半、後がない相手のセパハンにペースを握られ、苦しい時間帯が続きます。

しかし、そんな選手を支えたのは

WE ARE レッズ! WE ARE レッズ!!

というサポーターの声援ではなかったでしょうか。

 苦しい展開でしたが、阿部選手のゴールで2-0

その後も何とか守りきり、遂にアジアの頂点に立ちました

 個人的に嬉しかったのは、日本を初のワールドカップに導いたベテランの岡野選手が出場してくれていた事です。

一度、他のチームに移った時もありましたが、レッズで育った選手が出てきたときは嬉しかったです。

 また、以前にも書いた”横浜フリューゲルス” 最後の監督エンゲルスさんがコーチとしてこの快挙に携わった事も嬉しかったです。

 一度はお荷物と揶揄されながらも、変わらぬ熱い声援を受け続けサポーターとチームが一体となって遂には頂点に立つ

野球もサッカーも、こんなチームは好きですね☆(^^ゞ

アジア制覇お見事でした。(^_^)/~

本当におめでとうございます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古き良き時代

Always 続・三丁目の夕日』を見てきました☆

 あらすじを…

前作のラストで思いを寄せるヒロミと離れ、淳之介と2人で暮らす事になった茶川、ところが、淳之介の実の父親から淳之介を引き渡すように要求されます

茶川はヒロミと淳之介の3人で暮らせるように再び芥川賞を目指す事を決意します。ところが…

といった感じです。何とかまとめれた。(^^ゞ

 映画が始まると同時に、何とも懐かしい”ビッグ・サプライズゲスト”が登場します。(劇場でどうぞ☆(^^ゞ)

自分は、もちろん生まれる前の時代の話なので実際に経験したわけではないのですが、こんな感じだったのかな~?と思い、何故か懐かしい感じがしました。(^^ゞ

また、いつもの面々にも、鈴木家に”はとこ”が居候したり、六ちゃんの幼馴染が現れたりと、前作にも増して、てんやわんやの大騒動が展開されます。

 ただ、「ライバルは前作」 と言われたように、元々、続編を作る予定ではなく、前作の大ヒットを受けて作った作品でもあるので、その辺りの難しさがちょっと出ていたような気もします

 けどまあ、見た後に温かい気持ちになるような、そんな映画でした

興味がある方はどうぞ☆

〈岡山県 92.さん(23歳)からのトリビア〉

堀北真希の生年月日(1988年10月6日)は…

ウチの妹と全く同じ。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

愛唄

サークルの友人の結婚式に行ってまいりました。(^^ゞ

どうも、”恋愛界のニート”クニです(笑)☆

 同期の女の子から披露宴に招待されました。

先日”独り言”で「愛唄」をよく聞くと書いたのは、この影響のようです。(^^ゞ

 まあ、自分以外の結婚式に行くのは2回目という事で、前回に比べて多少は余裕がありました(バスが遅れて待ち合わせに遅れそうになった事以外は…(笑)(^^ゞ)

 サークルの同期や、先輩、後輩と会うのも久しぶりという事で、待ち合わせ時間には思い出話に花が咲きました周りの近況も聞けてよかったです。(^^ゞ

 時間になり、式が始まりました。

以前にも思ったのですが、何度経験しても感動的ですよね

 その後、ブーケトス、写真撮影が終わり、披露宴が始まります。

新郎新婦の仲の良さも感じられ、また、どことなく、手作りの感じも受け、和やかに、かつ、感動的に披露宴は続きました。

 そして、中盤になると”スライドショー”が始まります。

そのスライドショーが始まると、自分は ”結婚式の妖精” と出会い、現在を変える為に過去へとタイムスリップ(ハレルヤ・チャンス!)―

なんてするはずはなく(笑)、いい雰囲気のまま式は続きました。(わかる方だけで結構です。すいません、どうしても書きたかったので…m(__)m

スライドショーでは、サークルでの合宿の写真もあり、見ているこっちも懐かしくなりました。(^^ゞ

 式も終盤、”友人からの歌のプレゼント””両親への感謝の手紙”では自分も胸が熱くなり、思わず泣いてしまいそうになりました

改めて、自分が何かの間違いで同じ立場になった時は泣いてしまうかな?なんて思いました。

 大きな感動に包まれ、披露宴は終わりました。

 その後、時間を置いて2次会が行われました

新に参加された先輩方とも話ができて良かったです。

また、新郎側の方とも話ができて本当に楽しい2次会でした

 最後の3次会はウチのサークルがいつも使う店での飲み会です。

新郎側の方も多かったのですが、何となくウチのサークルっぽい飲み会になりました。(^^ゞ

小島よしおが3人もいた…(笑)(-_-;)

 本当に感動的で、かつ、どことなくウチのサークルっぽさも感じて、本当に素敵な結婚式だったと思います。

結婚おめでとうございます☆末永くお幸せに―(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (6)

独り言集’07 11月

じゃあ,今月もいきましょうか☆

(11/1)

○中日ドラゴンズ53年ぶりの日本一おめでとうございます☆

 日本の代表としてアジアシリーズ頑張って下さい(^_^)/~

 日本ハムは波に乗れなかったですね。シリーズ前に来季の体制を色々発表していたので、少し心配していたのですが、現実になってしまいました。でもまあ、今年に関しては”パ・リーグ連覇”だけでも十分快挙と言えます。将来、我らが「ダース」「宮本」が成長して、この悔しさを晴らしてくれると思います。とりあえずは1年間お疲れ様でした。m(__)m

 まあ、来年は”23年ぶり”の日本一といきましょうか…(^^ゞ

最近、何故かGReeeeNの「愛唄」をよく聞くようになった…

○新しいポッキーのCMを見た。

大阪の深夜番組で「ジャイケルマクソン」というのがあるのですが、その企画でPVやCMを再現するのがあり、以前、中川家の礼二がポッキーのCMをやりました。

…(-_-;)

次にやるのは、そのCMかな?(笑)

ちなみに第2弾は「三ツ矢サイダー」(新垣結衣),第3弾は「BEAUTEEN」(ベッキー)でした。

後日発見!第2弾はコチラ↓

初めてYouTubeを貼ってみた(^^ゞ

(11/5)

○日ハムの金村投手と阪神の中村泰投手のトレードが成立しました。

個人的には中村投手をしっかり育てたいという思いもあったのですが、やはり先発陣を補強する為には仕方がないでしょう。また、最強の中継ぎ投手陣を擁する阪神にいるよりも、岡島が抜けてやや中継ぎが充実していない日ハムの方が活躍の機会が多いかもしれません。

新天地に行っても頑張って下さい(^_^)/~

金村投手、歓迎いたします☆m(__)m

これから共に頑張りましょう!!(^_^)/~

(11/6)

ほんまに腹立つ…。

(11/8)

○中日は、データの少ない初物に弱いのかな?!

○個人的な意見を言うと、新井選手にはカープに残って頑張ってほしかった…。

 まあ、もし来てくれるのなら歓迎しますけどね。(^^ゞ

 カープが心配になってきた…。(-_-;)

(11/9)

○風邪を引いた…。

 授業中に咳ばかりしていたら、終わった後に生徒に「のど飴」をもらった。(^^ゞ

(11/11)

○中日のアジアチャンピオンおめでとうございます!!

 しっかし、アジアのレベルが年々縮まってきてるな…(^^ゞ

 次は五輪予選だ!!

○白熱する女子バレー!

 今日のケニア戦は、個人的には8年ぶりに全日本に復活した多治見選手の活躍が嬉しかった。(^_^)/~

 やっぱり木村沙織だな…(笑)(^^ゞ

(11/16)

○女子バレー、今回は残念でしたが、ブラジルから1セットを取れたのは今後に繋がります。自分達のバレーができれば世界とも戦えるので、最終予選で出場権を獲得して下さい☆(^_^)/~

やっぱり木村沙織が一番好…(笑)(^^)

○オシム監督、日本代表の監督がどうこうは今は考えずに、一刻も早く回復される事を祈ります。

(11/17)

○エンタの神様を見て思ったこと…

 「禅」って「超新塾」よな。

(11/18)

○平成教育学院を見て思ったこと…

自分は知らないうちにインド式算数を使っていたらしい…。(^^ゞ

(11/21)

○サッカー日本代表、北京五輪出場決定!!

決まった後の選手の安堵した表情が印象的でした。病と闘っているオシム監督への何よりの薬でしょう☆(^^ゞ

本戦も頑張って下さい!!(^_^)/~

○新井選手の入団が決まりました。

来てくれて嬉しいのは嬉しいのですが、如何せん、カープが心配になってきました…。

あくまで個人的な意見なのですが、「浜中選手のオリックスへのトレード」が一部の報道で囁かれているのですが、オリックスは外国人を中心に長距離打者が多く、また、浜中選手はケガの影響から、DHが使えればいいのですが、既に清原選手がいるので厳しいのではないかと思います。

なので、勿論、残って欲しい選手なのですが、万が一、フロントが移籍させるのであれば、オリックスに行くよりは、長距離打者の少ないカープに行って、活躍してくれれば…なんて思います。

あと、阪神には、FAの補強もいいのですが、何でもかんでも取るのではなく、しっかり若手の育成にも力を入れて頂きたいと思います。ただ取るだけだったチームが数年後にどうなったかはよく知っているので。

(11/24)

○魁皇関が勝ち越しました。

最後は、まさに気力を尽くしての勝利でした。

一部の報道で色々言われていますが、気にせずに、千秋楽も取って頂きたいと思います。

(11/25)

○数日前から検索ワードでかかっていたみたいなので調べてみたら、あくまで不確定情報なのですが、関西高校の中村将貴投手が明治大学に進学するのではないかという情報がありました。もしそうならば、大学に行っても甲子園の経験を活かして頑張って下さい(^_^)/~

一応言っておきますが、自分は関西高校の卒業生ではありませんので、あしからず。m(__)m

○大相撲は白鵬関が優勝!

千代大海の休場は、ケガの為という事だったのですが、前日の黒星で心が折れたのかな~なんて思います。今場所見せた気迫を今後も見せて欲しいと思います。

(11/26)

○決まった事は受け入れないといけないので、浜中選手にはオリックスに行って頑張って欲しいです。

今回は恐らく、オリックス側からの要請が元だったと思うのですが、以前に日本ハムへのトレードの噂が流れた際には、日本ハムへ「浜中を獲らないで」という電話までかかってきたほど、ファンに愛されている選手を放出してほしくなかったです。

正直、自分自身、今オリックスがしている事が、数年前の阪神の暗黒時代のオフシーズンに似ているので、浜中選手が行く事での不安があるのですが、やはり残って復活してほしい選手でした。

今年、仁志選手が横浜に移籍したら、自分の周りの巨人ファンだった人で、応援するのを辞めた人が多かったです。

浜中選手だけでなく、ファンから愛されている選手がチームから離れていくのは寂しい限りですので、球団にはその辺りの配慮をしてほしいと思います。

愛あるが故に語ってしまいました。(^^ゞ

(11/27)

○リンク元ランキング5位に、自分が応援している甲斐麻美さんという女優さんのプログが入りました。

またまた自分がコメントした際のURLで来られたようです☆(またまたHNはクニではありません。)

甲斐麻美さんは、岡山の方だったら、中国銀行の”てっ、てっ、手数料がタダ~♪”のCMで踊ってる方と言えば分かるかもしれません(^^ゞ(詳しくはコチラから見て下さい☆)

何か最近このパターンが多いな…(^^ゞ

(11/29)

○もう補強は良くない?若手を育てる先発枠もあった方が…

(11/30)

○去年担任したクラスの子達の進路がほぼ決まった模様。何はともあれ良かった良かった(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母校訪問

色々と今後の事を相談したかったので、高3のときの担任の先生に会いに、母校に行きました

 事務所に行って受付をしていると、たまたま高1のときの担任の先生が―

「あっ、○○君!」

まだ覚えられていたようです。(^^ゞ

 受付終了後、職員室を訪れると、そこには教育実習でお世話になった”師匠”(担当教官の方)が―

その節はお世話になりました。m(__)m

 数々の予想だにしなかった再会を終え、ようやく高3のときの先生に会えました。

ここまで長かったな…(笑)

 この先生とは、現役時代は決して仲が良かったとは言えず、よくムカついた事もあったのですが、自分も同じ立場になった今では、当時言いたかった事も何となく分かり、今回は和やかに話は進みました。(^^ゞ

 また、若手の先生からも話を聞けるように予め手配してくれていて、本当にいい経験になりました。

 まあ、色々と悩んでいる事はありますが、自分はまだ若いと思いたいので、少しずつでも進んでいこうと思います。(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »