« 1枚の切符 | トップページ | 2次会 »

力戦奮闘

数日前に予告しておきながら、書かずにだいぶ時間が経ちました…。そろそろ書こうか…。(-_-;)

 先日、6年振りに日本人大関が誕生しました☆

という訳で、忘れた頃の ”スポーツマン・レジェンドシリーズ” 今回は「新大関」琴光喜関について語ります。

 安田大サーカスの団長とは高校の後輩でもあり(マジ)、入門前から期待され、鳴り物入りで角界に入った琴光喜関。彼は新入幕の場所に、当時の横綱武蔵丸関を含めた上位陣を次々と倒し、あわや初優勝かともいう好成績を修め、注目を集めます。個人的に印象に残っているのは、貴乃花との取り組みで、敗れはしたものの、”相撲に勝って、勝負に負けた”と内容をかなり評価された取り組みです。

 その後、初優勝を経験し、一時は大関になるかと期待をされますが、「下位力士との取りこぼし」が多い点などが問題となり、大関昇進が見送られてしまいます

更に、度重なるケガの影響もあり、その影を潜めてしまいます…。

そして迎えた先場所。親方からは 「大関になるラストチャンスだ」 と言われ、出身地の名古屋場所に臨みます

その名古屋場所では地元の圧倒的な声援もあり、優勝こそ逃したものの誰もが納得する好成績を修め、見事に念願の大関昇進を果たしました。

 今の大関陣は、”大関以上横綱未満”といった力士が多いと思います。(ちなみに魁皇関のファンですが…(^^ゞ)琴光喜関には是非とも頑張って横綱を目指してほしいと思います☆

これからも頑張って下さい!(^_^)/~

 ちなみに、書かなかった間に朝青龍関が問題になりました。詳しい事はまだ分かりませんが、正直、一時期に比べて横綱として精神的な部分が成長してきたと思っていただけに残念です…

|

« 1枚の切符 | トップページ | 2次会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/7322323

この記事へのトラックバック一覧です: 力戦奮闘:

« 1枚の切符 | トップページ | 2次会 »