« 道産子魂 | トップページ | 世界一の職人 »

香車

香車―将棋の駒で「まっすぐにしか進まない」事から、野球で「ストレートしか打たないバッター」の事をこう例えます。

先日、自らを「香車」と例える阪神の片岡篤史選手の引退試合が行われました。奇しくも以前に所属していた日本ハムの優勝と重なり、あまり大きく取り上げられなかったので、ここで話します。(^^ゞ

 片岡選手は、日本ハムに在籍の頃から、持ち前の勝負強さから、”不動の3番バッター”として活躍していました。

そして、FA宣言を経て2002年からは阪神に移籍しました

ところが、不調やケガもあり、思ったような活躍ができなくなりました。

 しかし、2003年には、浜中選手や桧山選手のケガもあり、夏場には4番に任命されます。

自分が広島に観に行った試合での”逆転タイムリー”や優勝が決まった9月15日の試合での”同点ソロホームラン”は今でも覚えています。

その後、出場機会こそ減りましたが、若い選手の手本としてベンチに入るようになりました。

しかし、ケガ等に悩まされ、契約の切れる今シーズン限りでの引退を決意しました。

 引退試合には、高校からの友人である中日の立浪選手も落合監督に直訴し、先発出場をしました。苦楽を共にした”球友”なだけに思うものがあったのでしょう。花束贈呈の時には片岡選手のほほに熱いものが流れました

最後は片岡選手の人柄を表すように敵・味方入り乱れての胴上げが行われました。

15年間お疲れ様でした。

|

« 道産子魂 | トップページ | 世界一の職人 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/3797563

この記事へのトラックバック一覧です: 香車:

« 道産子魂 | トップページ | 世界一の職人 »