« 夏合宿(後) | トップページ | エースの意地 »

父から子へ―

ジブリのアニメ「ゲド戦記」を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 まあ、軽くストーリーを説明すると、

人間界にいるはずのないが現れる等、”均衡”が崩れて荒れた世界―その原因は何かを調べる為大賢人ハイタカは旅に出ます。その旅の途中、影の自分により父親を殺害し、逃亡している少年アレンに出会い、共に旅をするようになります。道中、アレンは役人に襲われるテルーという少女を助けますが、テルーは何故かアレンを毛嫌いします。その後、かつての仲間テナーの家を訪れたハイタカはテナーと一緒に住んでいたテルーを見つけ、呟きます。「まさか、この子は…?!」果たしてテルーの正体とは?そして、世界の均衡を崩した原因とは一体?―といった感じです。(^^ゞ

 この作品の監督は宮崎駿監督の息子宮崎吾郎氏です。第1回監督作品という事で、ちょっと絵が雑かな~?という場面があったり、原作者も「アレッ?」という場面もあったようです。(^^ゞ

でもまあ、段々と映画の世界に飲み込まれていくような、そんな映画でした。(^^)

後、主人公の”アレン”と”ハイタカ”が宮崎親子とダブって見えたのは自分だけでしょうか?(^^ゞ

宮崎吾郎監督のこれからの成長に期待します(^_^)/~

それにしても…

M34で首位と9ゲーム差…

”の背中が遠のいていきます…(笑)(-_-;)

|

« 夏合宿(後) | トップページ | エースの意地 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/3119195

この記事へのトラックバック一覧です: 父から子へ―:

« 夏合宿(後) | トップページ | エースの意地 »