« エースの意地 | トップページ | カリブの海賊 »

夏の終わり

激闘を戦い終えた両校に拍手を送りたい―

率直に言うとそんな気持ちです。

 夏の高校野球決勝は引き分け再試合の末、4-3で西東京代表の早稲田実業高校駒大苫小牧高校を破り、悲願の初優勝を飾りました

 早実の優勝の原動力の1つは、何と言っても”クールなエース”斉藤佑樹投手の力投でしょう。

苦しい展開でも、何とかしてエースの力投に報いたいと打線が奮起して、点を取るシーンが何度もありました。また、そのスタミナも底を知らず、再試合でも衰える事なく、147キロのストレートを投げました。

 第1回から出場した伝統校による、偉大なる先輩「世界の”SADAHARU OH”」や、荒木 大輔でも成しえなかった”悲願の夏初制覇”本当におめでとうございます☆

 そして、敗れはしたものの、73年振りの夏3連覇を目指した北北海道代表駒大苫小牧高校の戦いも堂々たるものでした。

エース田中将大投手も開幕当初は調子が今ひとつでしたが、試合を重ねる毎に調子を上げ、そのピッチングは堂々たるものでした。また、何度も逆転劇を演じた打線も見事でした

先輩部員の不祥事によるセンバツ辞退も腐る事なく乗り越え、厳しいマークに合いながらも、決勝まで進み、互角の試合を演じたこのチームの準優勝は、3連覇と同様の、いえ、それ以上に価値のあるものではないでしょうか?!

 本当にお疲れ様でした。どうか、胸を張って北海道に戻って下さい

 さて、今年の甲子園にも様々なドラマが生まれました

逆転劇あり、投手戦あり、悲劇の幕切れあり…。

そして、決勝戦が終わったその瞬間から全てのチームは来年に向けて動き出します

先輩の無念を晴らすべく立ち上がる後輩達栄光の伝統を受け継ぐ後輩達

果たして来年はどんなドラマが待っているのか?!

来年の熱き戦いに向け、甲子園は暫しの眠りに就きます…。

 高校球児の皆さん、

お疲れ様でした。

そして、

ありがとうございました。

|

« エースの意地 | トップページ | カリブの海賊 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

野球には興味ないほうだけど、今回は熱くなった!

投稿: sc-mizuno | 2006年8月22日 (火) 11時28分

>sc-mizuno
 今回の視聴率は某球団の試合よりも良かったそうです。
やっぱ、それだけ熱い戦いだったようやね。
 数年前に佐賀県代表の佐賀商業が優勝した時は、キャプテンの”決勝満塁ホームラン”というかなり劇的な結末だったという事を今思い出しました。(^^ゞ

投稿: クニ | 2006年8月23日 (水) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/3164772

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり:

« エースの意地 | トップページ | カリブの海賊 »