« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

忘れ物

昨夏の甲子園の2回戦での事です。

相手の驚異的な粘りに圧倒され、6点差を守れずに試合終了後ベンチで泣き崩れ、動けなかった選手がいます。

その選手に対し、先輩はこう話しかけました。

「来年はお前がみんなを連れて来い。」

それから1年―

 本日、岡山では高校野球の決勝戦 関西-岡山城東が行われました。

勝てば4季連続の出場となる関西、そして辞任した前監督の思いを胸に8年ぶりの出場を目指す岡山城東―。試合は序盤から手に汗握る投手戦が展開されました。

そして、接戦の末、結果は2-1で関西が勝利!!

見事4季連続の甲子園出場を決めました!

 昨年の甲子園2回戦で悔しい経験をした関西のダース投手の出番はありませんでしたが、ここまで勝ち上がったのはダース投手の力も大きかったと思います。

まずは昨年最後に先輩と結んだ約束は果たし、再びリベンジの舞台に上がります。

 今春のセンバツで激戦の末、敗れた後、江浦監督は「全国で上位に行くには、まだ何かが足りない」そう話しました。この半年でその”何か”が見つかったかどうかは分かりませんが、今までの練習の成果を存分に発揮していただきたいと思います。

 昨夏、そして今春と甲子園の酸いも甘いも経験したメンバー”忘れ物”を取りに最後の甲子園に向かいます。(^_^)/~

 岡山の高校球児の皆さん、お疲れ様でした。m(__)m

そして、

関西高校の皆さん、岡山の代表として精一杯頑張ってください!!(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに

大学時代の学科の友人と飲みました☆

場所は、”ウチの学科のBOX”ことsc-mizuno宅です。(^^ゞ

酒を交わしながら話をしたり、ゲームをしたり…と学生時代と変わらずに過ごしました。

途中からは何故か他県に行ってる友人に「飲み会やってるけど来ない?」と電話をしたりと(笑)、楽しく(?)飲みました。

 まあ、久しぶりに会った友人達も学生時代と変わらずに元気そうで何よりでした。(^^ゞ

また機会があったらみんなで飲みたいと思います☆(^^)

帰る頃には朝日が昇り始めました…(-_-)zzz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

”熱い”夏

昨日、急に暇になったので地元の友人と高校野球を観に行きました

急遽決めた事なのですが、たまたま自分の母校の試合があったのでその試合に行く事にしました。

車で球場まで行くと、駐車場の整備やら、チケットの販売入場整理にいたるまで、全て高校生が担当しておりました。やはり、高校野球を通して高校生の自主性を育てる狙いもあるようです。

 自分達が球場に入った時には、ちょうど前の試合が終わったところでした。

試合終了後、互いのチームから相手チームに対してエールを送っていたのが印象に残りました。(^_^)/~

 試合開始前、バックネット裏に座っていると、「暑い中、応援ありがとうございます。」と相手チームの保護者の方からジュースを頂き何となく応援しにくい気持ちに…(-_-;)

ただ、試合が始まったら思いっきり母校を応援しましたけどね(笑)(^^ゞ

 試合は序盤から手に汗握る接戦でした。途中雨の為に2度ほど中断になりましたが、選手、そして応援団はそんなものをものともせずに、一生懸命頑張っていました

また、相手チームは吹奏楽部の到着が遅れ、途中までは応援団が口で歌っていたのが印象的でした。

 結果は見事に母校が5-4で逃げ切りました

ただ本当に最後までどちらが勝ってもおかしくない、いい試合でした。

2回戦もこの調子で頑張ってほしいです。(^_^)/~

 夏の高校野球は負ければ即そのチームは終わってしまい、特に3年生は引退というある意味残酷な一面も持っています。

ただ、だからこその感動や名勝負が生まれるものだと思います。

果たして、今年はどんな”熱い”ドラマが待っているのか?!―

 それにしても…

自分は球場に野球を観に行くとうるさくなるという事を改めて実感しました(笑)(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパ

先日、友人から「子供が産まれた」という連絡がありました。

なので、久しぶりに友人に電話してみました

 友人とは色々な話をしました。

子供が生まれた時の事、お互いの近況の事、ちょっとした思い出話…etc

5分ぐらい話して「また暇があったら飲みに行こう!!」という一言で終えました。

 この友人は自分とは別の高校に行き、卒業後すぐに就職しました。大学に進んだ自分は、その時から何だかこの友人が自分よりも一歩進んだ存在に思えていました。

自分よりも先に社会に出て、結婚し、父親になり

ゆず”の歌で「嗚呼、青春の日々」という曲があるのですが、まさにその歌詞のような気分になります。(分かる方だけで結構です。(^^ゞ)

家庭を持った友人とはなかなか会う機会が少ないとは思いますが、またいつか友人と小・中学校時代の思い出を語り合いながら飲みたいと思います。(^^)

パパへ

おめでとう!!子育て大変だろうけど頑張ってくれ!!

 帰宅後、友人の子供の写真を母親に見せたところ

「うちも早く孫の顔が…」

(-_-;)(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストゲーム

W杯のカテゴリー作っておきながら、何も書いてないので、とりあえず決勝が終わる前に2回目の記事を書きます。(^^ゞ

 もう後数時間したら、決勝ですね!?果たしてどちらが勝つのやら…(?_?)

ただ、フジテレビの「ジャンクSPORTS」という番組を見て改めて気付いたのですが、どちらが勝っても、試合が終わるとフランスのジダンはもうピッチから姿を消すのですよね。サッカーに関してはあまり詳しくないのですが、名選手が引退すると聞くと寂しい限りです

 サッカーで”勝っても負けても最後”―と聞くと、自分は数年前に消滅した、「横浜フリューゲルス」というチームを思い出します。

Jリーグが発足した当初、とりあえずどこかのチームを応援しようと思い、自分は訳も分からずとりあえずこのチームを応援してました。ただ、月日が経つにつれて、だんだんサッカーに関する興味が薄れていきました…。

そんなある日、「横浜フリューゲルスが横浜マリノスに吸収合併される」というニュースが飛び込んできました。ラモス氏が自身の引退試合でフリューゲルスの旗を持ってアピールする等、選手やサポーターが何とか阻止しようと働きかけますが、結局この合併を止める事はできませんでした…。

ただ、このニュースが発表されてから、横浜フリューゲルスは一度も負ける事なく、リーグ戦を終えました。

そして、迎えた最後の大会でもある天皇杯で、横浜フリューゲルスは強豪チームを次々と倒していき、そのまま勢いに乗り優勝!!見事に”有終の美”を飾り、その姿をファンの脳裏に焼きつけて消えていったのです。

 さて、ジダンの話からちょっと逸れましたが、後数時間でジダンのラストゲームが始まります。世界一の決定と共に、ジダンのラストプレーを目に焼き付けたいと思います。

まあ、起きれたらの話ですがね…(笑)。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の仲間にありがとう

ブラジル負けちゃいましたね。やっぱりスポーツはやってみないと分からないですね。(^^ゞ

世間では朝からこの話題一色ですが、すいません、我が道を進みます(笑)。

 今回は高校野球ネタです。

今年の夏の甲子園の”キャッチコピー”並びに”ABC高校野球の統一テーマ曲”が決定していたようです。(さっき調べました。(^^ゞ)

 まずはキャッチコピーなのですが…今回のタイトルです(笑)。

 続きまして、「ABC高校野球の統一テーマ曲」(「熱闘甲子園」の主題歌といった方が分かりやすいかな?!)です。

ABCでは4年前から統一テーマ曲を決めていますが、毎年決められるこのテーマ曲には結構好きな曲が多いです。とりあえず過去4年間を優勝校と共に振り返ると…

(2002年)「願いの詩」コブクロ)(*統一テーマ曲という事ではなく、「熱闘甲子園」の主題歌ですが、好きな曲なので…(^^ゞ)

【優勝校】明徳義塾高校(悲願の初優勝!!)

(2003年)「夏の終わり」森山直太朗)(*統一テーマ曲は”藤井フミヤ”さんでしたが、この曲が好きだったので…(^^ゞ)

【優勝校】常総学院高校(名将・木内監督 最後の夏、有終の美)

(2004年)「glory colors ~風のトビラ~」ZONE

【優勝校】駒大苫小牧高校(東北・北海道勢 悲願の初優勝!!)

(2005年)「奇跡/夏陰」スガシカオ

【優勝校】駒大苫小牧高校(奇跡の夏2連覇!!)

そして…

(2006年)「スフィアの羽根」(スキマスィッチ)(詳しくはコチラ

果たして今年はどんなドラマが待っているのか…

高校野球の話は長くなりそうなので、また後日(今でも十分長いですが…(笑)(^^ゞ)

その前にもうしばらくサッカーで盛り上がりましょうか?!(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月見草

サッカー一色の世間に逆らって、久しぶりにプロ野球の話を一つ(笑)。(^^ゞ

今回取り上げるのは、先日、71歳の誕生日を迎えられ史上最年長監督になられた、「楽天イーグルス」の”野村克也監督”です。

 野村監督は、現役時代から南海キャンディーズホークス(現・ソフトバンクホークス)を中心に活躍しておりましたが、自分が知っているのは監督時代からなので、そこから話します。(^^ゞ

 ヤクルトの監督に就任し、それまで弱小球団だったチームを古田捕手などの主力選手を育て上げ日本一に導く等、監督としての実績を積んだ野村監督は、退任後、要請を受け、阪神の監督に就任します

 就任後、”新庄のピッチャー挑戦”や、バントにより3塁ランナーだけでなく、2塁ランナーまでもホームに返す、”ツーランスクイズ”、そして、「野村再生工場」とまで呼ばれる、ベテランを復活させるその手腕で遠山投手”(現・2軍コーチ)を「松井キラー」に仕立てあげる等、様々な話題を呼びますが、結果は4年連続の最下位…(-_-;)その後、夫人の脱税事件を受け、辞任をいたしました…。

 しかし、その後に阪神の監督に就任した星野監督は、就任後に行われたインタビューで「阪神再建」について聞かれた際、「あの野村監督をしてもダメだった。でも、野村監督がしてくれたおかげで”一筋の光”が見えた」―そう話しました。その2年後、阪神タイガースは18年振りのリーグ制覇をいたしました。(^^)

更に、主力メンバーの一人である「赤星憲広」選手は、「自分がプロで活躍できるようになれたのは野村監督のおかげです。」と話しています。また、今や阪神の救援投手陣のエースにまで成長した「藤川球児」投手は、実は野村監督の1年目のドラフト1位指名選手でした…。

このように、野村監督は、今の阪神タイガースの再建に貢献した一人だったのではないかと思います。ただ一点、”選手の好き嫌いが激しかった”という事を除けば…。(^^ゞ

 そんな野村監督もシダックスの監督を経て、今年から楽天の監督に就任しました。今は最下位に甘んじていますが、これから先、”育てた若手”や”復活させたベテラン”の力でどこまで進めるのか楽しみです

お誕生日おめでとうございます。m(__)mこれからもどうかお元気で!(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »