« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

反省とバトン

えっと…まずは謝罪文から。

ちょっと先週末から体調を崩していて、更新ができませんでした。m(__)m

まあ、仕事も熱があった1日だけ休みをいただいて、何とか1週間乗り切りました。(今更ながら阪神の金本選手の”偉大さ”を実感いたしました。(笑))(^^ゞ

という訳で言い訳反省終わり~!

 さて、朔太郎さんからだいぶ前にバトンもらったので書いときます。

『』の中にお題を入れて次のヒトに回すというバトンで自分に回ってきたのは『お笑い』です。

Q1【パソコンまたは本棚に入っている『お笑い』は?】

 本棚じゃないけど、’04、’05年の”M-1グランプリ”、”爆笑オンエアバトル チャンピオン大会”のビデオやら、”R-1グランプリ”の’05、’06(事情により最後の3組のみ)のビデオやら…まあ、色々あります。(^^ゞ

Q2【今妄想している『お笑い』は?】

 妄想…? たまに「ゲッツ!!」が頭の中に出てきたりとか…?!(笑)

Q3【最初に出会った『お笑い』は?】

 恐らく、「とんねるずのみなさんのおかげです」ではないかと思われます。(仮面ノリダー好きでした…。今の子は知らないでしょうね?!)

Q4【最高だと思った『お笑い』は?】

 特には選べないのですが…

今だに”昔の懐かしの映像”とかで出てきた時も見て笑えるという点から考えると、やっぱり”やすきよ”の漫才は偉大なのかな~。

Q5【特別の思い入れのある『お笑い』は?】

 ・タカアンドトシ(”オンエアバトル”のチャンピオンになって以来のファン)

 ・麒麟(いつか”M-1”獲ってほしい。後、川島さん(声の低い方)にオレンジレンジの低音パートを歌ってほしかったり…(笑))

 ・次長課長(岡山に吉本の劇場があった頃には地元で頑張っていたので…(^^ゞ)

 ・博多華丸さん(とんねるずの”細かすぎて伝わらないモノマネ”で見て以来のファン)

 ・右側左側(一応、自分の高校の先輩です。岡山に劇場があった頃には、高校の文化祭に来たりしたのですが…今はどこへ?(笑))

Q6【迷ってしまう『お笑い』は?】

 ? どこが笑いどころか分からないとか? まあ、特には無いです。(^^ゞ

Q7【一番、高かった『お笑い』は?】

 一応、劇場とかに行って見た事は無いので特に無しです。

Q8【未だに謎な『お笑い』は?】

 ・「吉本新喜劇」に出演していた”住谷正樹”さんの今の変貌ぶり(黒い服着て「フォー!!」って言ってる人)

 ・基本的にシュール系は苦手です。

Q9【忘れられない『お笑い』は?】

 ・’04年の「オンエアバトル」の決勝で、前年度のチャンピオンであり、3ヶ月前にM-1も制覇したアンタッチャブル”を破り新チャンピオンになった”タカアンドトシ”の「修学旅行」ネタの漫才

 ・’04年の「M-1グランプリ」で敗者復活戦から見事に復活した麒麟”の「癒し」ネタの漫才

 ・レギュラーの「あるある探険隊」(分かる方だけで結構です。)

 まあ、色々書きましたけど、何も考えずに面白いもの見て笑うのが一番です☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

I am ”SHINJO”!!

北海道日本ハムファイターズ新庄剛志選手が今季限りでの引退を宣言しました。

阪神時代から応援していた選手だけに残念でなりません。

 新庄選手は、阪神時代から球団を代表するスター選手でした。特に野村監督の時代には、キャンプ中にピッチャーの練習をする等、色々な話題を提供してくれました。また、阪神の4番になってからも、ここ1番の場面で打ってくれました。

また、新庄選手の魅力の1つは、何と言ってもその守備力です。

普通なら犠牲フライになるようなフライでも、新庄選手にかかれば、バックホームでアウトになり、当時、中日の監督だった星野監督を「あれこそプロの守備だ」と唸らせました。

 新庄選手は、阪神を退団した後、メジャーリーグに渡りましたが、そこでも1年目に、日本人初の”4番”になる等、活躍しました。しかし、2年目からは思うような成績が修められなくなりました。

その後、2004年に本拠地を北海道に移した日本ハムから誘いを受け、日本に戻りました。

 日本ハムに移籍してからは、野球だけではなくて、”ファンサービス”の面でも、球界を代表する選手になったとおもいます。

中でも、球界初のストがあった後の試合で守備練習をしている時に、他の外野手と共に”ゴレンジャー”の被り物をしたのが印象に残っています。(ちなみに、この時の試合では”逆転サヨナラ打”を打ちました。)

 阪神時代でも一度、監督との不仲が原因で引退を表明したのですが、この時は後日撤回をしています。正直に言うと、今回もそうなってほしいのですが、こればかりは分かりません。

ただ、自分が思うに、彼は球界一ファンに愛される選手の1人だと思います。

少なくともこの1年、彼はまた、ファンを楽しませてくれると思います。

この先もファンを大事にする新庄剛志”という1人の人間を応援します☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カーリング・THE・ムービー

カーリングの映画「シムソンズ」を観ました。

 ミニシアター系での上映という事なので、今回は岡山市内に唯一ある単館の映画館”シネマクレール”まで初めて足を運びました☆

 まあ、”ミニシアター”という事なので、その名の通り、あまり大きくはなく…(笑)

でも、入場券を買った時に入る順番も決められていたので、スムーズに座る事ができました。(^^ゞ

 この映画は、今となってはメジャーになったスポーツ、”カーリング”を題材にしています。

舞台は、北海道の小さな町常呂町(今は合併して無くなりました。)です。そこで暮らしている高校生の少女達がひょんな事からカーリングを始め、仲間とぶつかり合いながらも成長していく―というような話です。(詳しくは公式ホームページを見てください。m(__)m)

 自分自身、「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」とかいった系統の映画(青春映画っていうのかな?)が好きなこともあり、結構楽しめました

後、コーチ役で出演した大泉洋さんが結構好きでした。(^^)

まあ、感想は人それぞれなので、気になる方は是非劇場まで☆(^^ゞ

 トリノ五輪でカーリングが注目された後、「カーリングはスポーツと考えていいのか?」という方や、ココログをやってる方の中でも少し話題になっていたのですが、あるスポーツコラムニストの方が、「NHKは何を考えてカーリングの中継ばかりやるんだ?」みたいな事を言っていました。

自分は映画を観終えた後に、そういった方には是非、この映画を観ていただきたい観た上で判断していただきたい。そう思いました。

 まあ、ご存知の方も多いかと思いますが、この映画の主人公達は、この後、ソルトレークシティー五輪に出場しました。そして、その中の2人は、その4年後の五輪に出場し、カーリング人気の”火付け役”となります…。

”生徒達も自分のやりたい事を見つけて、その道で輝いてほしい”―

そんな事も思いました。(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家に帰るまでが…

先日、勤めている学校の遠足がありました。

 前日に一応、服装の事を学年主任の先生に尋ねた所、「ラフな格好でいいですよ。」という一言が…

 すいません、それが一番困ります(笑)。(^^ゞ

とりあえず、自分の持っている中でもまだマシな方の無難と思われる服を着て、いざ学校へ―!!

到着後、服に関しては何も聞かれなかったのでよしとしましょう(笑)

 今回の目的地は、県北にある、「ドイツの森」という所です。ちなみに自分はずっと岡山にいるのですが、ここに来るのは初めてです。(^^ゞ

 自分はこの学年では”記録係”という事で、こういった旅行では写真を撮らないといけません

もう一人の記録係の先生と色々と写真を撮っていたところ、先生方が集まって、アーチェリーをしていました。

近づいて写真を撮ろうとしたところ、別の先生から、「何しとん、早く参加せんと」という一言が―

強制的に参加決定です(笑)

準備して、的の前に立ち、クラスの生徒達の期待を背負い、放った一本目―

距離が足りず、届きませんでした(笑)。m(__)m

その後、二本目、三本目を放ちますが、今度は的のはるか上へ(-_-;)

しかし、その後、コツを掴んだのか的に命中!!無事に面目を保ちました。(^^ゞ

 その後、牧場を見たり、お弁当を食べたり、お土産を買ったりと、生徒達は思い思いに過ごしていたのですが、当日はとても肌寒く…、

集合時間前にはバスに乗っていました(笑)

 自分自身、今回初めて引率者という立場になり、かなり疲れと緊張があった為、帰りのバスでは、ついウトウトしてしまいましたが、無事に終える事ができ、良かったです。

 最後に、生徒には言う機会が無かったので、この場を借りて言います。

家に帰るまでが”遠足”です。

失礼しました(笑)。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄人兄貴

阪神タイガースの金本選手が、連続フルイニング出場904試合という世界新記録を達成しました☆

 この記録は、走・攻・守三拍子が揃っていないとできない、偉大な記録だと思います。どれか1つでも欠けていたら、試合の終盤で、代打や代走、守備のうまい選手との交代などでベンチに退いてしまう可能性があるからです。

 金本選手は、広島時代から、この8年間1度も途中交代をせずに全試合に出ています。そうなった舞台裏には、広島時代に主力選手のケガが相次ぎ、休むわけにはいかなくなったという事情があります。こういった責任感がこの8年間の彼を支えたものの1つではないでしょうか?

 もちろん、シーズン中にケガをした時もありましたが、バットを軽いものに変えるなどの工夫で乗り切りました。

 自分が印象的だったのは、昨年の交流戦の時に、体を痛めていた金本選手に対して、球団が「指名打者(パ・リーグで採用されている、守備につかず打つだけの選手)で出場してはどうか?」と提案したのに対して、金本選手は、そうしたら当時肩を痛めていて守備につけなかった浜中選手が試合にでれないという事で、この提案を断りました。彼が選手やファンから”兄貴”として慕われている理由がよく分かります。

 金本選手の「ケガをしても治しながら出場する」という姿勢がいい影響を及ぼし、阪神は’03、’05にセ・リーグで優勝できました。

これからも”兄貴”は試合に出続け、チームを引っ張っていく事でしょう☆

世界新記録おめでとうございます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

始業式

ハイどうも~!

まあ、僕ら頑張っていきたいんですけどね~

で僕大人になって思うんですけどね、やっぱり学生生活は楽しかったなって思うんですよ…

 とまあ、今回は漫才コンビの登場シーン風に始まりました。(^^ゞ

皆様ごぶさたしております。m(__)m

やっぱり社会人は大変だと今更ながら感じております。(T_T)

 さて、今日は勤めている学校の始業式がありました。

自分は新任なので、朝は生徒には会わずに、職員室におり、新任紹介から登場しました。

入場する時には生徒から「若い」という声援が…(^^ゞ

 始業式が終わるとクラスに向かいました。

とりあえず、配布物とか色々と配っていたのですが…

あまりのグダグダ状態に途中から見兼ねた主任の先生が手伝ってくれました。(-_-;)

先生、ありがとうございましたm(__)m

 ホームルーム終了後、生徒から

「先生しっかりせんと!」

といわれました…。(-_-;)

頑張ります。m(__)m

 とまあ、こんな感じで(?)自分は頑張っています。(^^ゞ

ちょっと以前にも増して更新頻度が落ちそうですが、まあ、温かい目で見守ってやって下さい。(^^)コメントぐらいなら返せそうなので、何か言いたい事ある人いたらお気軽にどうぞ

 P.S.今日生徒から「先生ってチ○ンラーメンの”ひよこ”みたい。」って言われました…。何か意見があればどうぞ(笑)(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

センバツ高校野球

今年のセンバツは横浜高校の優勝で幕を閉じましたね。

横浜高校の皆さん、おめでとうございます☆(^_^)/~

 そして、決勝こそ大差で敗れてしまいましたが、清峰高校の皆さんも、私立への野球留学が問題視されている中、公立高校で、PL学園等の強豪校を倒しての準優勝はすごいです!是非、胸を張って地元に帰って下さい☆

 今大会で自分が一番印象に残った試合は、何と言っても、関西VS早稲田実業です。

引き分け再試合での熱戦はお見事でした。m(__)m

最後は、一生懸命何とかしようとして起こった結果なので、仕方ないです。何年後かに”甲子園での名勝負”として紹介される時には、「熱戦を演じた選手達」として紹介して頂きたいと思います☆

 今大会は、”県勢○年ぶりの…”や”県勢初の…”といった出来事が多かったように感じます。それだけ各県のレベルが上がってきている結果ではないか?と思います。

各代表校の皆さん、是非胸を張って地元に帰ってきて下さい

 さて、春が終わり、これから夏に向けて各校は動き出します。

今回センバツに出場した高校はもちろんの事、残念ながら予選で涙を飲んだ高校も同じように夏を目標に頑張ります。そして、その中には恐らく、”夏3連覇”を目指す北の王者も入ってくる事と思います。

またこの夏にも色々なドラマが甲子園を舞台に繰り広げられる事でしょう―

でもその前に我らが阪神タイガース快進撃が…(笑)(^^ゞ

 〈お知らせ〉リンクにサークル&学科の友人 T将 keiさんのブログ待夢磨心を追加しました。m(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラジオ

自分はよくAMラジオを聞きます。

昨日、自分がたまに聞いていた番組が最終回を迎えました。(公式ページはコチラ

番組では、放送中に1つのテーマを決めて、リスナーからFAXやメールを募集するのですが、今回のテーマは、

”ラジオで学んだ事”

でした。

 自分は中学生ぐらいから地元のラジオ番組とかをよく聞いていて、一時期は、地元の番組で、いわゆるハガキ職人(ラジオにハガキを送る人)もやっていました。

ただ、その番組で担当する方が変わった時に、あまりハガキを送らなくなったのですが、年末にリスナーで集まった時に、新しく担当していた方に「あっ、君たしか僕が前にやってた番組にハガキ送ってくれたよね?!」と言われました。その番組には1枚か2枚しか送らなかったのですが、覚えてくれていて本当にうれしかった事を今でも覚えています。

結局その人(新しい担当)のラジオはトータルで6年間聞いて、最後の最後に自分のハガキを読んでくれました。

 他にも色々な方のラジオを聴いてきたのですが、自分が”ラジオで学んだ事”はよく分かりません。

ただ、本当に大切な”何か”だと思います。

ラジオは、伝える手段がしかないので、それだけパーソナリティーの方の気持ちが伝わりやすいのではないか?とも思います。

春からは、自分も生徒に気持ちを伝えないといけません。

その前に、声を直さないと・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »