« 爆笑オンエアバトル 決勝 | トップページ | 接客業 »

警察からスーパーへ―

織田裕二さん主演の「県庁の星」という映画を観てきました。

まあ、舞台がスーパーマーケットのようなので、こういう仕事(バイト)をしている間に見ておきたいと思って行ったのですけどね。(^^ゞ

 後、この映画は岡山でロケが行われており、映画館のエレベーターの中に貼られていたポスターには、でかでかと

ロケ地 岡山

と書かれていました(笑)。(^^)

 映画が始まり、スーパーでのシーンを見ていると、自分が今の店でバイトを始めた時の事とかを思い出してしまいました。

今だからこそ言えますが、嫌なお客さんの相手をしないといけない時とかもあって、色々と苦労しました。

でも、そういう人もいれば、逆に良いお客さんもいて、そういう方々や店のメンバーの方達に助けられて今日まで続ける事ができました。m(__)m

本当に感謝しています。m(__)m

 まあ、こういう事を考えながらも映画を観ていたのですが、こういった、主人公が成長する物語も好きですし、この映画自体もまあまあ面白くて良かったです☆(気になった方は是非劇場へ!)

ちょっと、織田裕二のセリフを聞きながら、”室井さんが聞いたら泣くな~” とか思ったりもしたんですけどね(笑)

 映画が終わり、席を立って帰ろうかとした、その時どこかで見た事のある女性がこっちに歩いてきました…

バイト先の先輩でした(笑)。(^^ゞ

たまたま来ていたそうなのですが、”こういう風に手を焼いた後輩がいたな~” とか思いながら見ていたのかもしれません(笑)。

 さて、後少ししたら自分のバイト先での最後の勤務が始まります。

”3年間の集大成”になるのですが、後輩に自分の””を伝えて帰ろうと思います(笑)。(^^ゞ

では行ってきます☆∠(-∧-)

|

« 爆笑オンエアバトル 決勝 | トップページ | 接客業 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

県庁の星すばらしかったですよね。タケポンもこういった仕事しているから身近に感じる舞台でしたよね。自分も同じ職場のメンバーと見に行きました。スーパーって身近すぎてあんまり映画にならないですもんね。

投稿: takepon | 2006年3月23日 (木) 21時24分

>takeponさん
初めまして☆
たしかにこういった題材の映画ってあまり無いですよね。
こういった仕事をやっているから余計この映画に親近感を覚えるのかもしれませんね。
自分も結構楽しめました(^^ゞ

投稿: クニ | 2006年3月24日 (金) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/1136995

この記事へのトラックバック一覧です: 警察からスーパーへ―:

« 爆笑オンエアバトル 決勝 | トップページ | 接客業 »