« 今日は何の日? | トップページ | 氷上のチェス »

”漢”の祭

日本3大奇祭の1つ、西大寺会陽に行って参りました。

とりあえず軽く説明しますと、「冬場に””達がふんどし一丁”神木”を奪い合う」といった祭です。

昨年何人か誘って行ったところ、結構好評だったので、今年も行く事にしました。

まあ、去年はどちらかと言うと会陽の前の”花火”がメインだったんですけどね(^^ゞ

 今年は、元から”会陽”をメインに行ったので、去年行けなかった境内とかも観れました。何故かサンバ隊までいましたが…(゜o゜)

 その後、一旦駐車場まで帰る時に、出場する予定の腕を組んで火に当たるふんどし姿の男性を見掛けて何故かかっこよく思いました。(笑)

 さて、いよいよ開始前になって見物席に入ってみると、清めの水を浴びて、境内で神木の投下を今か今かと待つ裸の””達からものすごい熱気を感じました。また、世界的にも有名なのか、外国の方もちらほらと見かけました。彼らにこの光景を説明するのにどういった単語を使えばいいのでしょうか?

とりあえず思いついたのは、”SAMURAI SEOUL”、”JAPANESE SPIRIT”といった感じです。(^^ゞ

 後、去年もそうだったのですが、本部からの注意の仕方は、

「裸の皆さん、通路を空けてください。」

といった感じで、全員の事を”裸”と称していました。(笑)(^^)

 そんなこんなで神木が投下され、”男”ではなく、”漢”の戦いが始まりました。

数分後、神木を獲得したと思われる”漢”達が叫びだしました。まさに”男のプライドを賭けた戦い”だったのではないでしょうか?まあ、自分は出ませんでしたが…(笑)(^^ゞ

 最後に、色々としてくれた友人へ

ありがとうございました☆ m(__)m

|

« 今日は何の日? | トップページ | 氷上のチェス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/754863

この記事へのトラックバック一覧です: ”漢”の祭:

« 今日は何の日? | トップページ | 氷上のチェス »