守ってきたもの

映画『空母いぶき』を見てきました☆(公式サイトはコチラ  )

 ストーリーを…

20XX年12月23日未明―
クリスマスイブ前日で賑わう街をよそに初島に国籍不明の武装集団が上陸日本の領土が制圧された…
海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群を現場に向かわせるのであった。
その旗艦こそ、計画段階から『専守防衛』の議論の的にあった航空機搭載型護衛艦”いぶき”であった―

艦長は航空自衛隊出身秋津竜太西島秀俊 )、副艦長は海上自衛隊の生え抜きである新波歳也佐々木蔵之介 )。
そして偶然取材で乗り込んでいた記者本多裕子本田翼 )と田中俊一小倉久寛
現場海域へ向かう彼らを待ち受けていたのは…敵潜水艦からの突然の攻撃だった―

更に敵空母も現れし、想定を超えた戦闘状態に突入する第5護衛隊群―
思わぬ事態に、垂水慶一郎首相佐藤浩市 )をはじめとする政府はついに「防衛出動」を発令する。

更にいぶきを守るために被弾した護衛艦”はつゆき”が炎上…その映像が世間に流れ、日本国中がパニックに―

果たして彼らはこの国が保ち続けた平和を守ることができるのか?―

といった感じです。

 率直に感想を言うと、面白かったです。
過去にない事態に直面する自衛隊の皆さん一般人として関わってしまう本田翼さん達色々な視点がリアルに描かれて、それが絡んでいって凄かったです。

 あと、役柄の設定から一部の方で佐藤浩市さんを批判する方がいましたが、自分は素人ながらに凄さを感じました。
これまで戦後の日本が大切にしてきたものを変えることなく守り続ける一方で今の平和を考えないといけない…そんな人間らしい葛藤が描かれていたと思います。
こういうリーダーであってほしいものです。
この演技を”三流”と評する文化系の方が一流のものを作れるのか?ということが甚だ疑問です。

 一流の俳優の皆さんのリアリティーのある演技と戦後の日本が大切にしてきた”平和”に対する思いが印象的な作品でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

いつまでも ”IF” の話であり続けてほしいものです…

| | コメント (0)

笑門来福40

久しぶりのお笑い動画シリーズ!
40回記念でございます。(^^ゞ

今回は…NONSTYLEの『結婚式』



まだ2人とも若い…(*^_^*)
まだネタがアレンジされる前ですが、この頃からさすがの掛け合いでしたね。
このあとオンエアバトルで優勝し、M-1も制覇
井上さんの事故もありましたが復帰後も人気コンビであり続けています。
これからも末長く仲のいい2人の掛け合いを見ていきたいですね(^O^)/

| | コメント (0)

なんか貼りたくなったので…61

” ハリ・タカ ” シリーズ第61弾!!

今回は…ゆずの「ひだまり」



まあ、”幸せな日”ってあると思うんですけど、色々考えて行動し続けてみたとしても、
結局は『何気ない一日を大切な人たちと過ごすのが一番幸せなのかな?!』とも思います。
そういう日々を積み重ねてこれからも幸せになっていきたいですね(^-^)

| | コメント (0)

独り言集’19 6月

もう今年も半分過ぎたか~…
それにしても忙しい月だった(-_-;)
じゃあ、今月の小ネタ集です(^O^)/

(6/2)

○横山たかし師匠のご冥福を心よりお祈りいたします。

○ヤクルト連敗脱出

とりあえずトラさんよりも心配だった(^^ゞ

(6/4)

○女子バレー栗原恵 引退

高校時代から知っていて、女子バレーを復活させた一人でもありました。
お疲れさまでした。

(6/5)

○南海キャンディーズ山ちゃん&蒼井優 結婚

おめでとうございます☆
なんか久しぶりに明るいニュースを聞いた気がする(^^ゞ
なんだかんだで山ちゃんって案外モテますよね(^-^)

○阪神・原口 ガンから復帰

復帰の打席で拍手を送ってくれたロッテファンの皆さんや記念ボールを戻してくれたロッテの皆さんに感謝します。
後半戦に向けて心強い存在が帰ってきてくれましたね。

(6/6)

○カラテカ入江 解雇

人脈の広さが仇になった感じですね。一番最初のきっかけを作ったので致し方ない気がします。

○競泳・萩野公介 復帰宣言

たぶん、燃え尽き症候群のような部分があったのかもしれないな~とも思います。
復活を信じています。

(6/10)

○小林麻耶 芸能活動再開

テレビで活躍する姿を妹さんも見てくれていると思います。

(6/14)

○大谷翔平 サイクル安打

どこまで大きくなるのか…今後の活躍も楽しみです(^O^)/

(6/16)

○カナブーン飯田さんの無事確認

色々と理由はあったかと思いますが、とりあえず無事でよかったです。

(6/17)

○月9『ラジエーションハウス』最終回

まだ録画を8話までしか見ていませんが…シーズン2があってほしいな(^-^)

(6/20)

○『銀魂』ついに完結

なんか最終回が伸びまくったのも銀魂らしいな~と思います(^-^)
笑いあり感動ありの面白い漫画でした。また実写映画もやってほしいな(^^ゞ
お疲れさまでした。<(_ _)>

(6/23)

○交流戦 ソフトバンクが8度目V

ベストメンバーでないながらも制したのはさすがです。
トラさんはとりあえず貯金を残してリーグ戦に戻れたのでよかったです(^^ゞ

(6/24)

○闇営業で宮迫ら謹慎

人間なんでもらってなかったと言ってしまった気持ちは分かります。
「反社会的な方々とは知らなかった」という言葉だけは信じたいです。
後輩からの誘いを断れなかったという気持ちもあったと思います。
ただ、犯してしまったことなんで、ここで反省してまた出てきてほしいと思います。
あと個人的には、ここぞとばかりに叩きすぎたり、番組のスポンサーに抗議電話をかけまくり、不買運動を呼び掛けるような行動は正常な人のものとは思えないので、こういう人には好感が持てないですね。

○プロ野球オールスター ファン投票結果発表

近本選手が選ばれてよかったです。
個人的に子供のころ、松井稼頭央選手が足で魅了していたのを見ていたので、それを超えるような活躍をしてほしいですね。(^^ゞ

(6/25)

○まあ、国民の生活をきちんと見て政治をしてほしいものです。

年金の報告を受け取らなかったり、ほっといて芸能人と仲良し写真を撮ったり…
そもそも景気っていつ良くなるんですか?自分たちみたいな一般ピープルには感じられません。
ネットの偏った声にも徐々に疑問を持つ方が増えているような気がします。
富裕層しか見てなくて、それ以外の自分たちはほったらかしにされているような気がしない今日この頃であります…

(6/26)

○JOY結婚

ユージさん、おめでとうございます(笑)(^^ゞ

○辻・加護 13年ぶりにテレビ共演

世代なんで普通に嬉しかった(^-^)
色々あった2人なんでね。

○女子サッカーW杯 なでしこベスト16敗退

これから成長していくチームだと思うので、今回の経験を糧に次ぎに繋げてほしいです。

(6/27)

○スリムクラブ 闇営業で謹慎

以前、ドッキリで内間さんがやらかして解散か活動休止を迫ったら真栄田さんはどうする?っていうのがあって、迷わずに一緒に活動休止することをえらばれました。また、賞レースに出たときに対戦相手の後輩がウケて舞台裏に戻ったときにハイタッチしている姿を見たこともあって、その時ぐらいから好感を持っていました。断り切れなかった部分もあると思います。とりあえず今は反省して、また戻ってきてください。

(6/28)

○高島忠夫さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

2人の息子さんがお父さんの遺志を継いでいただけると思います。

○陸上・日本選手権男子100m サニブラウンV

東京五輪に向けて桐生選手らとこのまま競い合ってほしいです(^-^)

(6/30)

○春風亭昇太師匠 還暦目前に結婚

(ー_ー)!!
じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ…\(◎o◎)/!
おめでとうございます☆
昇太師匠も幸せになって下さいね(^-^)

…(ー_ー)!!
……も?

| | コメント (0)

新たに刻む、ぼくらの奇跡。

今夏開催の第101回全国高校野球選手権大会キャッチコピーABC夏の高校野球応援ソングが決定しました☆

昨年、記念ずべき100回大会を終え
新たなスタートを切る夏の甲子園―
そんな今年のキャッチコピーは…

やっぱりタイトル通り(^^ゞ

『新たに刻む、ぼくらの奇跡。』

新しい一歩を刻む、今年の甲子園を表した、素晴らしいキャッチコピーだと思います。(*^_^*)

 そして、昨年の嵐からバトンを受け継ぐ今年の応援ソングは…

official髭男dism『宿命』―

今までの流れからすると正直、意外な感じがします。(^^ゞ
official髭男dismさんは、「コンフィデンスマンJP」の主題歌のイメージですけど、メンバーの方も実際に高校時代ブラスバンド部に所属していたそうで、それが表すようにアルプススタンドのブラスバンドが演奏しやすい曲になりそうですね(^-^)
この夏はスタンドでたくさん演奏されるかもしれませんね(^O^)

 今年もいよいよ熱い季節になりましたね。
岡山大会では各チームはセンバツを逃した悔しさを胸に戦います。
昨夏の甲子園でブレイクした西投手を擁する創志学園に、春の中国大会を制した関西高校、更に古豪・岡山南高校はOBの川相昌弘さんの指導を受けて着実に力をつけています―
 新たな一歩を刻む今年もワクワクするようなドラマが待ってそうです(^O^)/

| | コメント (0)

独り言集’19 5月

令和最初の小ネタ集です。<(_ _)>
元号が変わっても言わせていただきます。<(_ _)>
忙しい!!(^^ゞ

ではスタート☆

(5/2)
○たかみな結婚

おめでとうございます☆
大人数のグループを束ねた苦労を経験されたんで、ここからは自分の時間を生きてほしいです(^-^)

○近本13試合連続安打

足を武器に戦える、最近のトラさんにはいなかったタイプの選手です。
現役時代の赤星選手を思い出しますね。
とりあえず矢野監督じゃなかったら指名していなかったかも…(^^ゞ

(5/4)
○篠原ともえ結婚していた

シノラーの頃から見ているのでちょっと意外ですね(^^ゞ

(5/6)
○女子バレー栗原恵、引退へ

高校時代から注目を集め、五輪出場権を逃して低迷していた日本代表を支えた選手でした。
長い間お疲れさまでした。

(5/8)
○大谷翔平 復帰

打者専念でどういう成績を残せるか楽しみです(^O^)/

(5/11)
○陸上リレーでまさかの失格

東京五輪にむけてはいい勉強になった気がします(^^ゞ
これを活かして来年は制覇してほしいです!

(5/13)
○完結できない『銀魂』、アプリで連載再開

まあ銀魂らしいというか…(笑)(^^ゞ
今度は本当に完結までするみたいですね。

○反町隆史 名乗らずに女性救助

ただのイケメンではないな~というのはGTOの頃から何となく感じてましたけど、やっぱりそうでしたね(^^ゞ

(5/14)
○丸山議員、除名

正直、失言とか謝罪、撤回のレベルを超えてると思います。
今まで傷つきながらも守ってきた方々に対してあまりにもひどい発言で自分自身も強い憤りを感じています。
頭のいい人の勉強ばかりで大事なことを学んでこなかったのでしょうか?
失言で辞職勧告の前例を作りたくないという意見も聞こえてきますが、これはそんなレベルの話ではないと思います。
改憲したい方々はこの人と同じような意見の方が少なからずいるということでしょうか?
国民の多くはそんな危険思想を実現してほしいなんて思っていません。
ネット上の相変わらず論点を変えた匿名の擁護者に対しても何だかな~という思いです。
もうこの方の話題を言うだけで腹が立ってきます。逃げるのならとっとと辞めてほしいです。

○『空母いぶき』佐藤浩市のインタビューで騒動

個人的には国民の前では強い姿を演じているけど実際は弱い己を隠すために葛藤する総理大臣の姿を見せたかったんだと思います。
なんか過剰に反応する方々が強く話しているだけのような気がしてます。
去年あたりからそういう人々に印象操作される気がして、自分はニュースサイトのコメント欄を非表示にしています。
ネットで支持する人々を少しでも悪く言ってるように取れたら全力で攻撃して、失言は論点を変えて守るが、反対の人々の場合は全力で叩く―
”美しい国ニッポン”ってこういう国じゃない気がするんだけどな…

○伝統の一戦 今季初勝利

なんか色々とあった日だったんだね(^^ゞ
チーム自体もここにきてまとまってきましたので、この状態をキープしてほしいです。

(5/17)
○川栄李奈 結婚

AKBの頃のおバカキャラから卒業後は演技派女優になりましたね(^^ゞ
おめでとうございます!

(5/19)
○磯野貴理子 2度目の離婚

行列で出会いとかを聞いていたので、正直、モヤモヤしたものは感じるんですが、当人同士の話なんで外野はとやかく言えないのかな?

(5/21)
○本田圭祐、メルボルン退団

ケイスケ・ホンダからすると、ここは通過点だったんでしょうね(^^ゞ

(5/22)
○田口淳之介容疑者、大麻所持で逮捕

色んなドラマで重要な役を演じられて、ジャニーズ脱退のときは本当に驚きました。
こんな形でまた話題になってほしくなかったです。

(5/25)
○大相撲 朝乃山優勝

おめでとうございます☆
今の角界は戦国時代になってきた印象がありますね。
ここから次の時代をリードする力士が出てくるんでしょう(^^ゞ

(5/29)
○高山、代打サヨナラ満塁ホームラン!

ラジオを聴きながら興奮した(^O^)/
なんか今までは短所を克服する指導をされて、今は長所を伸ばす方向に行ってるような気がします。
新人王を取った1年目を超える活躍を期待したいです☆

(5/30)
○藤浪2軍戦先発

トラさんが優勝争いをし続けるには絶対に必要な選手です。
今は試行錯誤の連続でしょうが、自分の納得できるものを見つけて戻ってきてほしいですね。

| | コメント (0)

雑草魂

巨人の上原浩治投手が現役引退を発表されました。
自分は阪神ファンですけど、彼の生き方とか日本代表としての活躍とかが大好きだったので残念です。

 上原投手は高校時代は無名の選手でした。
同級生に日本ハムやメジャーで活躍した建山投手がいた為、控え投手として3年間を終え
その後、体育教師を目指して大学受験するも失敗。アルバイトで学費を稼ぎながら浪人生活を過ごします

実はこの19歳という年齢で過ごした苦しい経験を忘れないように、背番号が19番になったとも言われています。

 ここから這い上がった上原投手は大学進学と共にメキメキと頭角を現し、大学日本代表としても国際大会で最優秀投手賞を獲得したこともありました。
そして1998年のドラフトで巨人に入団―
当時は巨人か即メジャーかの選択肢で話題になりましたが、まずは巨人に入団。
1年目から20勝を挙げて巨人のエースとなりました。
特にこの年は見ていて打てる気がしなかったですね(^^ゞ

 その後も巨人のエース、そして、日本代表として活躍。先発だけでなく中継ぎ、抑えと様々な役割を担いました。
そしてFA権を行使してメジャーリーグに挑戦
当初は先発にこだわっていましたが、特にリリーフとしての活躍が印象に残っています。
ストレートやスプリットを駆使し、そして何よりも野村監督が絶賛した外角低めへのコントロール
メジャーの強打者を抑えるその投球で2013年にはレッドソックスの抑えとしてワールドシリーズを制覇
日本人初の胴上げ投手になりました。

 メジャーを渡り歩いた上原投手は2018年に巨人に復帰
『日米通産100勝100ホールド100セーブ』の達成するも翌年は開幕から2軍暮らし…
開幕当初から最後のシーズンと考えていたこともあり、今回、現役引退を決断されました

 上原投手は負けず嫌いな性格で、ルーキーシーズンの終盤にチームメイトのタイトル争いで敬遠のサインが出たときに真っ向勝負をできない悔し涙を流すほどの熱い男です。
また後輩思いの一面もあり、巨人時代のこんなエピソードもテレビで語られたことがあります。
自身が先発した試合でリードするも後輩のリリーフ投手が打ち込まれて勝ち負けつかず…
試合後にその後輩から謝罪を受けて 「打たれることは誰でもあるから気にするな」 とかばうも、後にその投手が前日の晩遅くまで飲んでたことが分かると激怒―
この経験から目が覚めた久保投手はその後、巨人の抑えを任されるほどの活躍をしました。

 また自分が上原投手の活躍で印象に残っているのは北京五輪ですね。
星野監督から全幅の信頼を寄せられ”日本の守護神”として1枠しかないアジア予選を突破―
本戦前は絶不調に陥るも、監督からの信頼は変わらず、「必ず選ぶ」と宣言され、それに応えた上原投手は外野からの不安視する声を黙らせるかのように各国の代表バッターをねじ伏せる投球で活躍してくれました。



 上原投手の座右の銘『雑草魂』―決してエリートではなかった高校時代から這い上がり、踏まれても枯れることなくより丈夫に成長していき、遂には世界を制したその姿に球団を問わず魅了されたファンはたくさんいます
実は自分もそんな一人で、座右の銘に『雑草魂』を使わせていただいております(^-^)

しばらくはゆっくりされると思いますけど、将来的に自身の経験を後輩に伝えていって熱い投手を育ててほしいですね。

長い間、お疲れ様でした。

| | コメント (0)

よろしく令和

新しい時代が始まりました。

” 一人ひとりが花を開き、輝いてほしい ” という元号に込められた願いのような時代にしたいです。
また、平成という今まで過ごした時代のように、手と手を取り合い、助け合って前に進んでいきましょう。

令和最初の1曲 星野源の『アイデア』



これからもよろしくお願いします。<(_ _)>

| | コメント (0)

ありがとう平成

和にると書いて『平成』

この字が示すとおり、30年以上続いた ” 平成 ” という時代が、日本で戦争の無い時代として本日終了します。

イチロー、三浦和良、安室奈美恵…といったヒーロー・ヒロインが生まれた一方、多くの災害が日本を襲った時代でもありました。

しかし、その度に人々は手を取り合い、助け合い、前を向いて進んできました。
まだまだ道半ばのことはたくさん残っていますが、これからもこの ” 平成 ” という素晴らしい時代で学んだことをつなげていきたいです

 そして、自分なんかがこういうことを言うのは非常におこがましいと思うのですが、
長きに渡り、国民の平和と安全を祈り、常に寄り添っていただいた天皇陛下には感謝してもしきれません。
ありがとうございました。

” 平成 ” という時代を生きた自分たちは、これから迎える ” 令和 ” という新しい時代も手を取り合い、
また ” 令和 ” から生きていく次の世代の皆さんとの『架け橋』として生きていかないといけませんね。

 という訳で
” 平成最後の1曲 ”  ゆずの『栄光の架け橋』―



新しい『令和』の時代、どんな時代になるんでしょうか?
これからもよろしくお願いします。<(_ _)>

ありがとう平成!(^O^)/

| | コメント (0)

ファンタスティックスポーツ20【平成ファイナルシリーズ】

平成最後のスポーツ動画

自分がブログを始めた頃にいつか書きたいな~と思った記事が幾つかありまして…
実は今回の記事もそんな中の1つで、これまで何度か書こうと思いながらも機会を逃しておりまして…
” 平成最後 ” 並びに20回記念ということなので、今回は書かせてもらいます。<(_ _)>

平成8年 夏の甲子園決勝 ” 松山商業VS熊本工業 ” より、『奇跡のバックホーム』



 実は…自分が高校野球を好きになるきっかけになったのが、このプレーです

この時は家族で出かけていて、その時のカーラジオでこの場面を聞いていて子供ながらに興奮したのを今でも覚えています。
それから大人になって高校野球関連の本などでこの時の裏話をよく調べました。
残念ながら書くまで時間がかかったために、そのほとんどはアメトーークの高校野球芸人ではなされましたけどね(^^ゞ

 ただ軽くだけ…(^-^)

 10回裏2アウト満塁の場面―ピンチを迎えた松山商業の澤田監督は悩んでいたそうです

次は左バッター…ライトに打球が飛ぶ可能性が高い。
今は本職ではない先発投手がライトを守っている…
守備固めをするべきか?それともこの先に延長が続く可能性を考えてこのまま投手に守らせるべきか?

そんな時、大会前に亡くなられた天国のお父さんの声が聞こえたそうです

何を悩んでるんだ!
このピンチを乗り越えることを考えろ!!

プレイボール直前にハッと思い、監督は審判に交代を告げます。

「ライト 矢野!」

 交代した矢野選手は背番号9が示すようにレギュラーだった選手です。
しかし、強肩ではあるもののコントロールが悪く、練習でもエラーして連帯責任でレギュラー全員が走らされることもしばしばありました。
地方大会直前、見かねたコーチが監督にレギュラー交代を進言します
ですが矢野選手の練習態度だけでなく、授業中に居眠りをしていたら自分の顔を叩いてでも起こすような真面目な性格を評価する監督はそれを固辞。
結局、大会に入ってから監督が判断するということで落ち着きました。最後に監督はコーチにこんなことを言っていました…

「案外、ああいう奴が最後にチームを救ってくれるかもしれんな」―

 野球界の格言に 『 代わったところに打球が飛ぶ 』 という言葉があります。
プレイボールがかかった初球―

カーン!
「行ったー!これは文句なし!!」

ライトを襲った大飛球。
誰もが熊本工業の初優勝を確信したその瞬間
ライトからホームに向けて強風が―

そしてライト矢野選手の頭には練習時に澤田監督から言われたある言葉が…

「どんな場面でも中継に返球する。それが基本だ。ただ、例外がある。サヨナラの場面で定位置よりも後ろに飛んだら迷わずにバックホームしろ!」

澤田監督自身も言ったかどうかを忘れていた言葉を真面目な矢野選手は覚えており、実行。
投げた瞬間は暴投に思えたその返球は風に乗りキャッチャーのミットへ―

アウト!!

わずかにズレただけでも判定は変わっていたでしょう。
本当に色々な要素が絡み合ってできた、まさに ” 奇跡のバックホーム ” でした。

このバックホームで流れを掴んだ松山商業。
見事に勝ち越し、頂点に立ちました☆

” 軽く ” って言ったのに…(^^ゞ

それを踏まえて当時の実況をどうぞ☆



こんな名勝負をしてくれて、自分を高校野球好きにしてくれた松山商業と熊本工業の選手には今でも感謝しています
ありがとうございました。

この時の3塁ランナーだった星子さんは今は熊本で「タッチアップ」というお店をされているそうです。
いつか行ってみたいですね(^-^)

平成最後にここまで書けて自分も大満足です(笑)(^^ゞ
また新しい時代でも色んなスポーツで名場面が生まれてくることを期待しています☆(^O^)/

| | コメント (0)

«笑門来福39【平成ファイナルシリーズ】